中公園駅01
ポートピア大橋を渡る8000型電車
(開業記念絵葉書より)

神戸の三宮とポートアイランド(人工島)の神戸空港を結んでいるポートライナーは、ポートアイランドの第1期工事(北部)竣工に合わせて昭和56(1981)年に開業した世界で初めてとなる無人運転式の新交通システムです。当初は中公園駅を出入口として島内北部を環状運転する暫定的な開業でしたが、2期工事が進捗し神戸空港が開港した平成18(2006)年に本線部分が開業して現在の路線形態(三宮~神戸空港間の本線と中公園~市民広場間の支線)が完成しています。
私は20年前(平成11年)に貿易センター駅(三宮起点0.8km)の沿線に住んでた事があり、昔を懐かしく思って三宮から貿易センターまで行ってみようと思いポートライナーに乗車してみました。


中公園駅02
現在のポートピア大橋
(平成27年10月3日撮影)

道路橋の神戸大橋と鉄道橋のポートピア大橋は一体化した構造に見えますが、実際には近接する別の橋で神戸大橋は工事用道路として利用するため、ポートアイランド造成の最初期から建設が始まり昭和45(1970)年に開通したものです。


中公園駅03
ポートピア大橋を渡ってきた2000型電車

開業時から使用されていた8000型電車は、老朽化によって平成18(2006)年から2000型への置き換えが始まり、3年後の平成21(2009)年に全車両が廃車になりました。


中公園駅04
快速電車の案内

さて、三宮から貿易センターまでは一駅なので海を渡って中公園に行く必要はないのですが、平成18(2006)年から平成28(2016)年までの10年間は本州本土の貿易センター、ポートターミナルを通過する快速列車が設定されていて、平成27(2015)年に訪れた私は快速の存在を知らずに乗車して中公園まで行ってしまった訳です(平成30年現在は各駅停車のみ)。


中公園駅05
本線と支線が合流する中公園駅



中公園駅06
中公園駅に入線する三宮行き電車



中公園駅07
貿易センター駅から見た国道2号の磯辺通三丁目交差点

貿易センター駅から国道2号を明石方面に400mほど進むと、税関前交差点から「日本一短い国道」として有名な国道174号が分岐しています。


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://haisentn.blog41.fc2.com/tb.php/1092-e373229d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック