FC2ブログ
笹子駅01
改良前の笹子駅入口交差点
(平成24年12月9日撮影)

富士急ハイランドへ行く途中に笹子駅(山梨県大月市)に寄ってみると、5年前に来た時には工事中だった駅前道路(県道504号・笹子停車場線)の改良が完成してました。改良前の笹子停車場線は道幅が狭かった上に、終点部分が角度のきつい鋭角交差点(笹子駅入口交差点)になっていたため、特に勝沼方面からの出入りが難しい構造でした。改良後は全区間(100mにも満たないが)が2車線になり、笹子駅入口交差点も直角に改められています。


笹子駅02
改良後の笹子駅入口交差点
(平成30年3月29日撮影)



笹子駅03
笹子駅舎






笹子駅04
笹子駅から見た笹子停車場線
(平成24年12月9日撮影)

笹子停車場線に面して建っていた「笹子隧道記念碑」は笹子駅の駐車場内に移動してました。この碑は建立当初(明治36年)は甲府駅前に建っていましたが、昭和初期に舞鶴公園(甲府城跡)に移設となり、さらに平成に入って笹子隧道ゆかりの笹子駅に移設されてきたものです。


笹子駅05
笹子駅から見た笹子停車場線
(平成30年3月29日撮影)



笹子駅06
笹子隧道記念碑

笹子隧道記念碑建設の由来

笹子隧道は明治29年(1896年)10月に着工し、明治35年(1902年)11月に完成した。全長4,656mは、当時東洋一の鉄道トンネルとして注目された。
また、峻阻を貫く大工事は、当時の技法からも驚嘆の的であった。就中、山梨県の交易の変革を遂げる第一歩としての意義は大なるものであった。
この度、記念碑が舞鶴公園より笹子駅前に移転することとなり、昔日を回顧しつつこの一文を記す。
(現地の案内板より)





笹子駅07
笹子駅と笹子トレーニングセンター
(奥が東京方面)

笹子駅は笹子隧道に向けて25‰の勾配上に位置しているため、かつては中央本線に数多く存在した通過型のスイッチバック駅でした。昭和41(1966)年の複線化に伴い笹子駅のスイッチバックは解消され、引き上げ線は複線化及び用地として埋め立てられ、旧駅跡地には平成21(2009)年になってJR東日本の笹子トレーニングセンター(通称「ササトレ」)が建てられました。


笹子駅08
旧笹子駅跡に建つ笹子トレーニングセンター



笹子駅09
複線用地に転用された引き上げ線跡
(奥が甲府方面)



笹子駅10
笹子駅の東方に残る単線時代の橋台



笹子駅11
笹子駅の駅名標






笹子駅12

笹子駅の名物として知られているのが笹子隧道の開通から間もなく販売が始まったと伝わる「みどりや」の笹子餅。現在ではJRの車内、駅での販売は無くなってしまいましたが、笹子駅近くで営業している「みどりや」か「笹一酒造」にて購入が可能です。


笹子駅13
笹子餅(820円)



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://haisentn.blog41.fc2.com/tb.php/1052-408fd4e4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック