FC2ブログ
相模湖駅01
中央線與瀬駅
(戦前絵葉書より)

與瀬駅(与瀬駅)とは現在の相模湖駅(神奈川県相模原市)の旧名で、中央本線が八王子から上野原まで延伸した明治34(1901)年に開業しました。駅が所在する与瀬町が昭和30(1955)年に近隣の小原町、千木良村、内郷村と合併して相模湖町となった事に伴い、翌31(1956)年に新町名に合わせて相模湖駅に改称しています。
相模湖駅のホームは下り列車の有名撮影地のため私も何度か訪れており、絵葉書に写っている木造駅舎が現存していないのは承知していましたが、去年の年末から運行が始まったE353系スーパーあずさの撮影がてら再訪する事にしました。


相模湖駅02
現在の相模湖駅
(平成25年6月16日撮影)



相模湖駅07
与瀬町時代の地形図
昭和22年発行「上野原」(1:50000地形図)






相模湖駅03
【10:47】 相模湖駅を通過するE353系スーパーあずさ

今回はスーパーあずさを撮影しただけで相模湖駅を後にしましたが、11時5分頃に西隣の藤野駅付近を下って行くガソリン貨物に遭遇。もう少しだけ相模湖駅で粘っていれば良かったな。


相模湖駅04
相模湖駅を通過するE353系スーパーあずさ
(平成25年6月16日撮影)



相模湖駅08
【12:17】 相模湖駅に停車中の上り貨物列車
(平成25年6月25日撮影)






相模湖駅05
砂川街道踏切

帰り道は上野原から檜原村に下って五日市街道(都道7号・杉並あきる野線)から立川へ。
数ヶ月ぶりに拝島の砂川街道踏切を通ると踏切信号機が設置工事中でした。この踏切は週2回(火、木)の朝夕2往復しか列車(米タン)が通らないのに、交通量が多い五日市街道の車に一時停止を強いていて、武蔵野橋北交差点を渋滞させる要因になっていました。踏切信号機の運用が始まると一時停止する必要がなくなり、ある程度は渋滞が緩和されるはずです。


相模湖駅06
砂川街道踏切を通過する米タン
(平成26年1月21日撮影)



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://haisentn.blog41.fc2.com/tb.php/1049-c4488c58
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック