FC2ブログ
鈴木弁当店01
醤油めし(左)と汽車弁当(右)
(平成20年3月9日撮影)

今日、Yahoo!のニュースを見ていると「松山駅から駅弁消える」という見出しを発見。松山駅ってあの松山駅?と気になって記事を開いてみると、やはり我が地元の松山駅の話でした。
確かに松山市では明治時代から現在に至るまで伊予鉄の松山市駅が中心駅として不動の地位を築いており、長距離の都市間輸送を専門にしている感があるJR松山駅の利用客は多くありませんが、50万都市の市名を冠したJR駅に駅弁もないようではちょっと恥ずかしい気がします。また、車内で食事を摂らざるを得ない場合が多い都市間輸送がメインなだけに、駅弁がないのは集客にもマイナス要因になってしまうのではないでしょうか。

駅弁「醤油めし」の製造元(有)鈴木弁当店が弁護士一任、松山駅から駅弁消える

(有)鈴木弁当店は4月2日までに事業を停止し、事後処理を菊池潤弁護士に一任した。
負債は現在調査中。
明治3年創業の料亭を前身とする老舗弁当製造業者。昭和13年から国鉄(当時)松山駅構内で駅弁の販売し、35年に発売した「醤油めし」は、同駅を利用する旅行客などに長年にわたって親しまれていた。また、幕の内弁当、鯛めしをはじめ数々の商品を製造し、松山へ寄港する船内の売店や自社店舗でも販売していた。
(中略)
これによりJR松山駅の駅弁はなくなることとなる。


東京商工リサーチ 平成30年4月4日(水)配信記事より


鈴木弁当店02
醤油めし

松山駅の駅弁を一手に担ってきた鈴木弁当店は、上記の通り昭和13(1938)年から駅弁販売を始めた80年の歴史を誇る老舗店であり、同社の代表的な駅番だった醤油めしは昭和35(1960)年に販売が開始されたロングセラー商品でした。私も10年前に1度だけ松山駅のホームで醤油めしを購入した事があります。醤油めしと一緒に購入した汽車弁当は最近のサイトではヒットしないようなので、当時の期間限定的な商品だったのかもしれません。


鈴木弁当店03
汽車弁当



鈴木弁当店04
鈴木弁当店
(平成25年8月1日撮影)

記事を見て気が付いたけど、鈴木弁当店の所在地は私が通った小中学校の校区内で、現在も帰省時に松山と八幡浜の行き来に毎回通っている松前町の県道22号沿いにありました。最後まで店頭販売はやってなかったようなので、こんな所に名の知れた駅弁製造店があるとは全く気付かなかったです。地元企業だから応援するわけじゃないけど、四国の中でも代表的な駅弁ブランドだけに何とかして復活して欲しいなあ。

食べログ


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://haisentn.blog41.fc2.com/tb.php/1048-5382b410
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック