FC2ブログ
大具の渡し01
【A地点】 州津堂面交差点
(平成13年6月24日撮影)

平成15(2003)年3月に四国中央橋が開通するまでの国道32号は、州津堂面交差点から南にカーブして三好大橋を渡っていました。同交差点から四国中央橋北詰までの約1.1kmは、従前から吉野川北岸を通っていた県道267号・白地州津線を拡幅する形で国道32号のバイパスを整備したものです。


[旧国道32号線・大具の渡し跡]の続きを読む
スポンサーサイト



大晦日01
愛媛県産養殖真鯛の姿造り(2,138円→1,710円)

去年の年末年始は7泊8日で九州に一人旅をしてきたけど、今年はコロナのこともあるので自宅で家族サービスに徹することにしました。東京にいた頃は車で松山に帰省することも多かったから、こんなにのんびりした冬休みは久しぶりな気がします。
大晦日にスーパーに行ってみると県内深浦産という真鯛の姿造りを発見。我が家はみんな鯛が好きなので頻繁に食べていますが、やっぱり姿造りだとテンションが上がるというもの。その他には家族に好きなものを選ばせて夕食は魚介パーティーとなりました。


[令和2年の大晦日]の続きを読む
猪之鼻隧道37
猪之鼻隧道 高知側坑口
(平成11年12月撮影)

猪ノ鼻道路の開通によって旧道落ちした旧国道32号は、明治27(1894)年に開通した四国新道をベースにしたもので、昭和37(1962)年から同42(1967)年にかけて一時改築が実施され概ね現在の形になっています。一時改築では県境に位置する猪之鼻隧道を始めとする7つの隧道が建設され、当時としては高規格な水準の道路でしたが、全体的に急カーブ、急勾配が多く、特に高松側に存在する2つのヘアピンカーブの区間は最高速度が30km/hに制限されているなど、現代の基準では多くの問題点が認められるようになりました。
なお、猪之鼻隧道は延長が827mあり、開通当時は四国では最大級の長大トンネルでした。両側の坑門は平成17(2005)年頃に化粧直しされてきれいになったものの、10年以上が経過した最近では汚れが目立ってきているようです。

【猪之鼻隧道】
昭和39(1964)年竣工
延長827.0m、幅員6.5m、高さ4.5m


[旧国道32号線・猪之鼻隧道]の続きを読む
猪ノ鼻道路20
【A地点】 旧県道6号から見た込野交差点
(平成26年8月18日撮影)

猪ノ鼻道路の事業概要が発表されると、西山トンネル(L=2,115m)と新猪ノ鼻トンネル(L=4,187m)に挟まれた短い明かり区間に、県道6号・込野観音寺線との交差点が設置されることが判明しました。交差点の建設予定地は山深い鮎苦谷川の峡谷であることから、あまり早い段階で行くと何もない可能性もあったため、猪ノ鼻道路の起終点での工事が本格化した平成26年8月18日に同地を訪問を決行。この時には両トンネルは未着工だったものの、明かり区間の路盤は猪ノ鼻道路、県道6号(新道)共にほぼ完成している状態でした。


[国道32号線・猪ノ鼻道路【込野交差点】]の続きを読む
猪ノ鼻道路01
高知側から見た新旧分岐点
(令和2年12月27日撮影)

今月13日に国道32号の徳島・香川県境に位置する猪ノ鼻道路が開通。
さっそく開通から2週間後の12月27日に訪れてみると、新旧分岐点は猪ノ鼻道路が直進になる形状になっていました。今のところは分岐点の青看は旧道も国道32号として表示されていたけど、国道32号の行き先が本来はありえない「鳴門」になっていることに強烈な違和感を感じました。青看の旧道表示は剥がせるようになっているみたいなので、近いうちに県道12号・鳴門池田線に変更になるものと思われます。


[国道32号線・猪ノ鼻道路]の続きを読む
bon16
オムライス(800円)+大盛(200円)

最近、西条出張の旅に昼飯を食っている「Bon」ですが、以前からこういうシャレた店は女子供が喜ぶだろうと思っていたので、今年は家族サービスに専念しようと決めていた年末に家族を連れてランチをしてきました。4歳の三女は一人では料理を食べ切ることができないだろうと判断してオムライスの大を私とシェア、オムライスが好物の長女は並をオーダーしました。どさん子@川島の中華的なオムライスも良かったけど、ソースと焼き方に拘りが感じられるBonの洋食的なオムライスも美味かった。


[家族でBon]の続きを読む
相坂堰堤01
相坂堰堤
(令和2年12月27日撮影)

徳島県板野郡御所村(土成町を経て現在は阿波市の一部)一帯は古来より灌漑用水が乏しく、これを改善するために宮内谷川支流の内谷川に灌漑用ダムが計画され昭和14(1939)年に相坂堰堤が竣工しました。相坂堰堤をもってしても付近の水不足は解消できなかったらしく、また、本流の宮川内谷川では昭和20年代に洪水被害が頻発したことから、治水、灌漑の多目的ダムとして昭和39(1964)年に宮川内ダムが完成しています。

【相坂堰堤】
昭和14(1939)年竣工
堤高15.85m、総貯水量245,000 m³
粗石コンクリート重力式ダム
近代土木遺産Bランク


[相坂堰堤(徳島県阿波市)]の続きを読む
山のせ07
「阿波山のせ定食」の「たらいうどん大」

今日は次女の使っている剣道用眼鏡(天武)が、無料で度数交換してもらえる期限(1年)が迫っていたため、次女と共に徳島まで行ってきました。もちろん、それだけのために徳島に行くのは費用対効果が悪いので、今月13日に開通したばかりの猪ノ鼻道路や阿波市の相坂堰堤などに立ち寄ってみました。
相坂堰堤がある阿波市土成町宮川内は「たらいうどん」が名物で、国道318号沿いにはたくさんの看板が立っています。これらの看板を見ていると久しぶりに「たらいうどん」が食べたくなったので、レンズ交換の待ち時間を利用して名西郡石井町の山のせに行ってみることにしました。土成の「たらいうどん」の店は、冬季は営業していなかったり既に潰れているような雰囲気の店も見受けられるため、徳島県内で確実に食べたいなら山のせが確実です。
なお、メガネのレンズ交換自体は有償交換でも3,000円~4,000円も出せば十分らしく、わざわざ松山から行くほどのことはありませんでした。


[山のせ@石井店②]の続きを読む
Jふらんく12
1.5ポンド ビーフカーペット定食(3,060円)

菅首相のステーキ会食が繰り返し報道されていると、私もステーキが食べたくなってきたため、勉強に行き詰って気落ちしているという長女を誘って松山駅のJふらんくへ。今日は菅首相効果で肉をガッツリ食べたい気分だったので、肉が660g(1.5ポンド)という1.5ポンド ビーフカーペット定食をオーダー。余裕があれば単品でエビフライも頼むつもりだったけど、660gも肉を食ってビールを3杯も飲めば腹一杯になりました。

菅首相のステーキ会食、海外も報道 「多くの人がいら立ち」

【ロンドン時事】複数の欧米メディアは、菅義偉首相が新型コロナウイルスの感染対策を呼び掛けた直後に東京・銀座の高級ステーキ店で大人数で会食したことについて、相次いで報道した。ロイター通信は16日、「国民にパーティーをしないように懇願した後、忘年会に参加したことで批判を集めた」と皮肉交じりに伝えた。
(以下略)


時事ドットコムニュース 令和2年12月17日(木)配信記事より


[Jふらんく@松山駅前店②]の続きを読む
まろ11
つけとろせいろ(1,000円)+特大盛(450円)+とろろ丼(100円)

今年は正月に土日が含まれていることから、カレンダーどおりだと6連休にしかならないため、12/28(月)は休みを取って9連休を設定。うちでは年越し蕎麦は期待できないので、仕事納めとなる今日の昼食に有志を誘って「まろ」で食べておくことにしました。最近はコスパの良いそば吉に行くことが多かったけど、やはり「まろ」の方が値が張る分だけ蕎麦の質は良いように感じます。


[手打蕎麦まろ②]の続きを読む