FC2ブログ
まろ01
天せいろ(1,400円)+特大盛(450円)+かきあげ丼大盛(150円)

今週は暑過ぎて外に出る気がしなかったのですが、金曜日は午後から近隣への出張があったため、久しぶりに蕎麦でも食べようと食べログの評価が3.5あって、以前から気になっていた大街道の「まろ」に行ってみました。数あるメニューの中から選んだのは初回ということで天せいろ。コシの強い爽やかな蕎麦で、多摩のむらやま、徳島の直心庵と並んで私が好きなタイプの蕎麦でした。このレベルなら関東の知人を連れて行っても満足してもらえるでしょう。


[手打蕎麦まろ]の続きを読む
スポンサーサイト



川崎屋01
まさきビーフン(750円)+天ぷらセット(550円)

連休3日目の今日は家族サービスをしようと思い立ち、ラーメン以外のものを食べさせてやろうと考え、伊予郡松前町で90年もの歴史を誇る川崎屋でランチとしました。私は松前小、松前中の出身なので店の存在は昔から知っていたけど、大人になってからは松前を離れたこともあって入店するのは今回が初めて。
事前の情報だと地元食材を使用した魚料理とビーフンが名物とのこと。色々、惹かれるメニューはあったけど、初回なので名物というビーフンに天ぷらをセットにしてみました(いずれもランチ限定)。


[川崎屋]の続きを読む
からし屋01
辛さが1の「火を吹くオロンチョン」大盛(930円)

4連休2日目の今日は徳島での次女の剣道練習に行ってきました。いつもと違って休日なので適当に寄り道しながら、昼食には辛味が大好きな長女と二人で念願だった新居浜の「からし屋」へ。
下記のとおりラーメンのメニューは色々あるのですが、私と長女が選択したのは共に「火を吹くオロンチョン」。ただ、選べる辛さは私が1に留めたのに対して長女はMAXの3にしてました。久しぶり(13年ぶり)に食べたオロチョンラーメンは文句なしに美味かったです。


[からし屋@新居浜店]の続きを読む
大街道17
大街道から見た一番町交差点
(昭和44年12月撮影)

現在は歩行者専用道のアーケード街になっている「大街道商店街」(愛媛県松山市)は、昭和57(1982)年までは車両の通行も可能な普通の道路でした。大街道は古くからの商店街であり15mもの幅員を有する大通りでしたが、昭和40年代に入った頃から自動車の通行が増大すると買い物客による路駐も増え、円滑な交通に支障が生じるようになり歩行者専用道となった訳です。
大街道を写した戦前絵葉書(過去記事)は数多く見られますが、昭和中頃に撮影された写真、絵葉書はそれほど多くありません。なお、今昔写語のサイトでは昭和51(1976)年に撮影されたという鮮明な大街道のカラー写真を見ることができます。


[大街道商店街(愛媛県松山市)]の続きを読む
八幡浜ちゃんぽん01
愛麺の八幡浜ちゃんぽん

平日が3日の今週は暑かったり、仕事が忙しかったりしたため外食ランチには行かなかったところ、連休初日の今日は、朝から八幡浜出身の嫁が八幡浜名物の「八幡浜ちゃんぽん」と「伊予さつま」を出してくれました。
まあ、いずれもスーパーで買ってきた調理済みの既製品なんですが、愛麺のちゃんぽんは仕上げの段階で具材を炒める本格的なもので、手間がかかる分だけ美味かったですよ。


[愛麺の八幡浜ちゃんぽん]の続きを読む
椎茸01
椎茸と鮭のボイル焼き

今日はシイタケ栽培キットで栽培した椎茸を収穫してボイル焼きにしました。収穫直後に調理した椎茸は鮮度が抜群で、栽培に従事した次女と三女にも好評でした。


[椎茸栽培]の続きを読む
山小屋05
肉玉ワンタンメン(850円)+替玉(130円)

今日から次女の習い事の一つが再開したため、待ち時間にフジグラン内にオープンしたサンキューカットで散髪して、その後、5年ぶりに山小屋で昼食としました。私は昔から山小屋では太麺(普通麺)の「昭和ラーメン」が好物で、山小屋ではこれしか頼んだことがなかったのですが、今日は初めて細麺の肉玉ワンタンを選択。ぜいたくに乗ったワンタンが意外に豚骨ラーメンはに合っていて美味かったと思います。


[山小屋@フジグラン松山店②]の続きを読む
閏01
醤油拉麺・大(900円)

花園線の路面電車に乗っていると「伊予のおばんざい」なる看板が視界に入りました。おばんざいとは京都の家庭で作られてきた惣菜の総称で、一般には煮物のようなものを指すようです。ググってみると「伊予のおばんざい」の店は「ゆきみや」というらしく、14時までランチもやってるとのこと。昼休みに行くには大街道からだと距離があるので見送っていたけど、今日は次女を徳島の剣道に連れて行くため午後から休みを取っていたので、帰宅する途中にランチに寄ってみることにしたのでした。
ところが13時30分頃に着いてみると、「本日は終了しました。」との看板がかかっていて閉まっています。ラストオーダーは30分前だったのでしょうか?。市駅に近いこの場所まで来て、今さらリカバリも難しいと思われましたが、幸いにも隣に「閏」なるラーメン屋が営業していたことから入ってみることに。
この店のメニューは拉麺と閏麺の2種に味が塩、醤油、味噌の3種。入店時には閏麺が何なのか分からなかったので、無難に拉麺(ラーメン)をオーダーしたけど、後になって「拉麺=STANDARD」、「閏麺=DELUXE」(トッピング多め)であることが判明。まあ、STANDARDでも具材は豊富で、醤油スープの味わいには深みがあって美味かったですよ。


[拉麺 閏]の続きを読む
一風堂05
特製赤丸(1,030円)

今日も雨が降って気温が上がらなかったため、週初めでだるかったけど一風堂へ。前回は元味の白丸にしたので今回は新味の赤丸を選択。赤丸を食べたのは実に9年ぶりでしたが、豚骨にピリ辛がきいたアクセントは変わっておらず、今回も替玉を2杯いってしまいました。


[博多 一風堂@松山店②]の続きを読む
伊豆中央道01
伊豆中央道の江間インター
(平成27年4月19日撮影)

ネット上のニュースを見ていると、伊豆中央道の江間交差点(静岡県伊豆の国市)の立体化が7/9に完成した旨の報道がありました。静岡県と県道路公社が整備を進めていたということですが、5年前(平成27年)に通った時には着工すらしてなかったように見えたので、着工してからの工事は順調に進んだのでしょう。

伊豆の国・江間交差点の立体化工事 完成・供用開始 伊豆中央道、渋滞の解消期待

静岡県と県道路公社が整備を進めていた有料道路「伊豆中央道」の江間交差点(伊豆の国市)の立体化工事が完了し、9日午前に供用を開始した。立体化により、交通渋滞の解消が期待される。
これまで市道と交わる信号機付きの江間交差点では信号待ちのため、交通渋滞が頻繁に発生していた。小野登志子市長や県の関係者がテープカットを行って完成を祝い、午前11時ごろ、一般車両の通行が始まった。
交差点の南側にある江間インターチェンジのフルインター化も完成し、供用が始まっている。伊豆中央道は、東京五輪・パラリンピック自転車競技会場の日本サイクルスポーツセンター(伊豆市)へのアクセス道路。


静岡新聞SBS 令和2年7月9日(木)配信記事


[国道136号線・伊豆中央道]の続きを読む