FC2ブログ
石手川橋梁09
第26号溝橋 東側坑門
(平成16年1月11日撮影)

伊予鉄・横河原線の石手川橋梁を撮影した後には、同行していた次女に石手川公園で遊んでいるように指示して、速やか第26号溝橋の現状確認へ。同溝橋も石手川橋梁と同じく平成24(2012)年に選奨土木遺産に指定されましたが、この16年間で大きな変化はないようです。
なお、横河原線は明治26(1893)年に開業した当初は軌間762mmの軽便規格で建設されていて、昭和6(1931)年に全線を狭軌(軌間1067mm)に改軌した経緯があるものの、第26号溝橋には何らかの補強が行われた形跡は認められません。

【第26号溝橋】
明治25(1892)年頃竣工
煉瓦拱渠
近代土木遺産Cランク
選奨土木遺産
地図


[伊予鉄道横河原線・第26号溝橋]の続きを読む
スポンサーサイト



ざざむし01
産直市場グリーンファームのざざむし(2,926円)

久しぶりに四国に帰ってきたこともあって、この1年間は四国から出ていませんでした(出張、淡路島は除く)。久しぶりに四国外の郷土料理を食べてみたいと思い、通販で長野県伊那地方の名物として知られる「ざざむし」を注文。
「ざざむし」とは、清流に生息するトビケラ、カワゲラ、ヘビトンボなどの幼虫で、海を持たない長野県では古くから佃煮にしてタンパク源とする習慣がありました。長野県で販売されている昆虫食材には、ざざむしの他にハチノコとかイナゴがありますが、ざざむしが一番の高級品とされているようです。なお、金額は送料込みの値段なので、現地で直接購入する場合は2,200円ぐらいになります。


[ざざむし]の続きを読む
一門家07
家系二郎(850円)

今日の休日前ランチは大街道の「いろは」で白エビ塩ラーメンでも食べようと考えていましたが、コロナウイルス拡大防止のため4月13日からしばらく休業する旨の紙が貼ってありました。大街道を往復しても開いてるラーメン屋は家系の一門家しかなく、ちょっとサイクルが短くなるけど、前回来た時に気になった家系二郎をオーダーしてみました。
「家系」を冠しているから中途半端なものが出てこないか心配でしたが、なかなか本格的な二郎で、麺の太さ、アブラの量、スープの濃さ、いずれも二郎系の中でも上位に入る出来だと思います。これなら定期的に訪れる私の二郎欲求に十分対応できそうです。


[一門家と試運転電車]の続きを読む
花園線01
松山市駅前駅に停車中の本町六丁目行き電車

先週、松山市駅から徒歩通勤していると、松山市駅前駅で何やら違和感を感じました。立ち止まって違和感の原因を考えてみると、同駅に本町六丁目行きの電車(伊予鉄道6系統)が停車していること原因と判明。15年ほど前に松山市駅前から6系統の電車に乗ろうとしたところ、いつまで待っても来なかった経験がある私は、6系統の電車が道後温泉~本町六丁目間の運行であることを承知していたのでした。


[伊予鉄道・花園線と本町線]の続きを読む
いぶりがっこ01
いぶりがっこ&チーズのパスタ

今日は久しぶりに家にいたところ、珍しく嫁が昼食に珍しいものを出してくれました。S&Bが販売している「いぶりがっこ&チーズ」のパスタです。
いぶりがっことは秋田県の仙北地方に伝わる漬物で、大根を燻製にした上で糠漬けにしたもの。燻製の香りと糠漬けの相性が抜群で、最近では全国的にファンが付いているらしく、東京はもちろん徳島でさえ一本ものがスーパーで売られているのを見掛けました。また、お茶請けとしての需要もあり、一口サイズに個包装したものなどもあります。


[いぶりがっこ]の続きを読む
石手川橋梁01
横河原方面から見た石手川橋梁
(平成16年1月11日撮影)

今日は通勤定期を利用して16年ぶりに石手川公園駅のホームに降り立ちました。同駅の開業は昭和47(1972)年であり、伊予鉄道の中では新しい駅ですが、プラットホームが跨る石手川橋梁は横河原線が開業した明治26(1893)年に架けられたものです。wikiによりますと「現役の鉄道橋で移設されていないものとしては日本最古」 とのことで、平成24(2012)年には土木学会の選奨土木遺産に指定されました。


[伊予鉄道横河原線・石手川橋梁]の続きを読む
源氏車01
特製中華そば(900円)+大盛(100円)

花園通での定点撮影を終えると、ちょうど昼飯時になっていたため、花園通と三番町通の交差点で見つけた「伊予 源氏車」というラーメン屋に入店。後で知ったことだけど、この店は風流さを感じさせる屋号とは裏腹に、かの骨太味覚と同じグループらしいです。
ここで特製中華そばを頼むんだところ、圧倒的なチャーシューが乗ったラーメンが出てきて虚を突かれましたが、骨太系だけあって旨味が濃厚なドロドロの豚骨スープに中太麺によく絡んでいました。また、豚骨だけでなく魚の味も強く、大量の魚粉が使用されているものと思われます。


[伊予 源氏車]の続きを読む
そば吉01
上天ざる(1,200円)+大盛(50円)

松山の職場は社員食堂がないため昼食は宅配弁当に甘んじていますが、週末の金曜日ぐらいは外食したいと思って大街道をうろついていると、松山を中心に展開している蕎麦チェーンのそば吉を発見。10年前に松山に住んでた時には外食で蕎麦を食べる習慣はなかったけど、関東に住んでる間にすっかり蕎麦食文化が身に付きました。
チェーン店ということで、正直それほど期待していた訳ではありませんが、ほどよくコシがあって私好みの蕎麦でした。これなら関東から来た人を連れて行っても問題はないでしょう。私も松山にいる間はランチに通いたいと思います。


[そば吉@大街道店と山ウド]の続きを読む
あづま家01
特製こってり醤油らーめん(900円)+大盛(100円)

わが社の松山支店でも遂にテレワークが始まりました。今日の午後からは、私たちがテレワークをする順番だったので、帰宅の途中に銀天街のラーメンショップで昼食にしようと思っていたのですが、行ってみるとコロナの影響か定休日ではないはずなのにまさかの休業中。周囲を見渡すと100mほど北側に「あづま家」なるラーメン屋が営業しており、ここまで市駅に近づいてしまうと選択の余地もなかったことから、とりあえず入店してみることにしました。
この店のラーメンは魚介系をベースに、こってり醤油、醤油、塩(各700円)があり、これらのラーメンに好みと予算に応じて具材をトッピングしていくもの。強い個性は感じられないものの、無難に美味かったです。


[あづま家@千舟町店]の続きを読む
横山隧道00
横山隧道、観音坂隧道周辺地図

観音坂隧道から直線距離で僅か1km南にも、同じ横山山系を貫く横山隧道が存在しています。
横山隧道は観音坂隧道よりも古い大正12(1923)年の竣工で、新横山トンネルも観音坂トンネルより早い平成14(2002)年に開通していることから、県道244号と県道509号は並行する2つの県道ではあるものの、県道244号の方がより重要な路線と見なされているようです。なお、現在における両県道の交通量には大きな差はありません。


[旧滋賀県道244号線・横山隧道]の続きを読む