FC2ブログ
弁天01
小浜チャンポン(740円)

令和元(2019)年12月31日。長崎市から始まった探索は雲仙市で終えて、夕暮れ時に国道57号を南下していたところ、小濱温泉街で渋滞に巻き込まれたため、普段はやらない旧道を使ったショートカットを実施すると旧道上で「小浜ちゃんぽん」の立っている弁天という店を見付けたので車を停めて入ってみました。
実は、この店のちゃんぽんには小浜チャンポン(740円)と男前チャンポン(1,100円)があったんだけど、男前の方を見落としていてオーダーしたのは通常版の小浜の方。私は一期一会の店では、できる限り最上位のメニューを頼みたいと思っているので非常に悔やんだのですが、実際には小浜チャンポンも大量の具材がとろみの強い濃厚なスープによく合っていて美味かったです。
ちなみに男前はこれじゃないかと思われます。


[弁天と小濱町道路元標]の続きを読む
スポンサーサイト



あじ盛食堂01
特製ちゃんぽん(1,100円)

長崎市万才町の長崎地裁近くのパーキングに車を停めて、浜町アーケードに向けて歩いていると午前9時過ぎにもかかわらず開いている食堂「あじ盛」を発見。昔ながらの食堂らしく麺類から丼物まで一通り揃っていましたが、せっかく長崎に来たのだから特製ちゃんぽんをオーダー。正直、開いてるだけでラッキーぐらいの気持ちで入った店だけど、ちゃんぽんの本場だけあって予想外に美味かったです。地元の老人や観光客にも人気のようで朝から繁盛してました。


[あじ盛食堂]の続きを読む
五九〇01
チャーシューとんこつ(800円)

大分県で予定していた探索を一通り終えて国道502号を西に向かっていると、三重原交差点付近の商業地でチェーン店っぽいラーメン屋「五九〇」を発見。この後は長崎まで行く予定にしていたので時間の余裕がなく、店構えもハズレが無さそうだったので躊躇なく入ってみました。メニューには醤油、塩、味噌、豚骨が一通りあって、いかにもチェーン店といった感じですが、豚骨ラーメンはまあまあ美味かったのではないかと思います。


[らーめん五九〇@三重町店]の続きを読む
引地橋14
国道494号と旧国道439号の分岐点
(令和元年12月29日撮影)

徳島から久万に行くには、大豊~仁淀川町間の国道439号を利用するのが良いのではないかと思い立ち、道中で池川町内の旧道にある道路元標を見てきました。吾北~吾川間の国道439号は数年前にようやく全区間の改築が完成していますが、池川町内の改築は早くから行われており平成3(1991)年頃にバイパスが開通したように記憶しています。
ちなみに所要時間は徳島から大豊まで下道で2時間半、大豊から仁淀川町は1時間、まずまず快適なルートでした。


[池川町道路元標とドライブイン引地橋]の続きを読む
豚太郎72
味噌DXラーメン(1,100円)+大盛(100円)

今日は阿南市新野町の新野中学校で剣道大会(遠藤旗争奪)があったので、昼食には市内津乃峰町の豚太郎@津乃峰店へ。
この店は、おしぼりの包装等から察するに長生店と同じ系列らしくメニューも似通っていて、焼肉を扱っていたほか、ラーメンにはトンカツ、わかめ、チャーシュー、コーン、たまごが乗った全部乗せに相当するDXもあり、久しぶりの味噌カツメン(味噌DX)を選択しました。以前と同様にDXは具材が圧倒的な量だったけど美味かったですよ。


[豚太郎@津乃峰店と遠藤旗争奪]の続きを読む
ダントツラーメン01
ラーメン中(750円)+豚増し(300円)

今日は土曜にも関わらず高松出張が入ってしまったので、せめて昼食ぐらいは良いものを食べようとググっていると、高松市内には徳島にはない二郎系ラーメンの「ダントツ」があるのを発見。実に8ヶ月ぶりとなった脂マシマシの二郎系は五臓六腑に染み渡りました。


[ダントツラーメン@高松一番店 ]の続きを読む
仙山トンネル01
仙山トンネルと面白山仮乗降場
(戦前絵葉書より)

宮城県仙台市と山形県山形市を結ぶ仙山線は昭和12(1937)年に全通しました。奥羽山脈を越える県境の仙山トンネルは延長5,361mあり、当時としては上越線・清水トンネル(L=9,702m)、東海道本線・丹那トンネル(L=7,804m)に次ぐ国内第3位の長大トンネルでした。
坑口の左側に写っている建物は面白山信号場信号扱所(昭和60年廃止)の詰所で、同信号扱所には面白山高原駅が常設駅に昇格する昭和63(1988)年まで仮乗降場が併設されていました。


[仙山線・仙山トンネル]の続きを読む
北仙台駅01
北仙台駅舎
(令和元年12月4日撮影)

仙台出張の朝、電車の時間までに行くことができそうな近代土木遺産等を探していると、仙台駅から地下鉄でも行ける仙山線の北仙台駅舎(近代土木遺産Cランク)を発見。
北仙台駅は仙山線が愛子駅まで開業した昭和4(1929)年に途中駅の一つとして開業したもので、部分的にリフォームがされているものの、開業当時からの木造駅舎が現在も残っています。


[仙山線・北仙台駅]の続きを読む
うなぎや01
うな重(松)茶碗蒸しセット(3,730円)+セットミニうどん(200円)

今週末は松山に帰る予定であったところ、金曜の午後になって次女が39.3℃もの高熱を発したため、急遽予定を変更して長女に高速バスで来てもらう事にしました。
そして、土曜の昼食には長女と二人でランチでもと思い立ち、以前から気になっていた川島の国道192号沿いにある「うなぎや」へ。正直、鰻のボリュームは本場関東のはいばら阿づ満や(共に飯を覆い隠すだけの鰻があった。)と比べると見劣りがしたけど、皮際のカリッとした香ばしい焼き加減は良かった。地元の人に聞いた話だと、西日本では関東と違って鰻を蒸さずに焼くんだそうです。


[うなぎや@川島店]の続きを読む
仙台市電廃線跡01
【A地点】 三代目の仙台駅舎
(観光絵葉書より)

久しぶりの仙台出張という事で、列車の発車時刻までの待ち時間を利用して、前回は時間が足らなくて行けなかった南町通りの路面電車跡を歩いてきました。
絵葉書に写っている仙台駅舎は昭和25(1950)年から同47(1972)年まで使用された三代目で、この駅舎が建っていた時期が仙台市電の絶頂期から衰退期に当たります。三代目駅舎が解体された4年後の昭和51(1976)年に仙台市内の路面電車は全廃され、その翌年の昭和52(1977)年には現在の四代目駅舎が完成し、仙台駅前は概ね現在の形状になりました。


[仙台市電廃線跡]の続きを読む