FC2ブログ
バスラーメン01
伊予鉄南予バス1065号車
(平成30年7月30日撮影)

大洲市内の旧国道197号(現・県道234号)を走っていると、伊予鉄南予バス大洲営業所(愛媛県大洲市)に停車中の見るからに古そうなバスを発見。気になってググってみると、私と同い年(昭和55年生)の日野K-RL321である事が判明しました。思っていた以上の希少品で、全国でも4台しか残ってないモノコックバスの内の1台なんだとか。
平成19(2007)年までは田処線(田処~新谷~大洲病院)の専用車として利用され、田処線の廃止後は予備車の扱いになっていて車庫に格納されている事が多いらしいですが、翌日には県道24号・大洲長浜線ですれ違いました。この時は西日本豪雨の影響で海周りの予讃線が運休になっていたので、予備車の1065号車も代替バスか何かで駆り出されていたのかもしれません。


[日野K-RL321とバスラーメン]の続きを読む
スポンサーサイト
コインスナック御所01
ボンカレー自販機

以前、うどんの自販機の話題が出た時に「徳島県のコインスナック御所24には、国内で唯一のボンカレー自販機が現存している」 という情報をいただき、帰省の度に訪問の機会を窺っていたところ今年になってようやく立川への帰路に立ち寄る事に成功しました。
カレー自販機のパネルに使用されている笑福亭仁鶴師匠(平成30年8月現在で御歳81歳)の写真は、40年以上前に撮影されたものなので当然ながら現在と比べると随分若く見えます。


[コインスナック御所24]の続きを読む
上灘水産01
醤油ラーメン(500円)+大盛(150円)+全部のせ(200円)

今夏の帰省時に松山と八幡浜を往復していると、国道378号の上灘橋(愛媛県伊予市)の袂に「鱧だしスープ」と銘打ったラーメン屋が開業しているのを発見。最近の魚介系ラーメンブームの中でも鱧出汁は初めて目にしたので、大いに期待を膨らませての訪問です。
この店の基本メニューは醤油と塩の2種で各500円。トッピングはチャーシュー、わかめ、白ネギがあります。両方頼んで少しずつ交換してみると、いずれも鱧の独特な旨味が十分に活きていましたが、塩の方がより鱧の味わいを楽しめるように思いました。まあ、個人の好みにもよるんでしょうけど。


[上灘水産]の続きを読む
どさん子09
味噌バターラーメン(620円)+大盛(150円)+焼豚(100円)

昭和40年代から50年代にかけての札幌ラーメンブームによって全国2,000店以上のFC店を展開した「どさん子ラーメン」。ブームから40年以上経過した今では殆どのFC店が廃業していますが、地域に根差したクオリティの高い店はブームから40年以上が経った現在でも生き残っています。そんな店の一つが東京都の府中寿町店(こちらは「どさん娘」)や、今回紹介する愛媛県の八幡浜店です。


[どさん子@八幡浜店]の続きを読む
豚太郎37
しょうゆ野菜ラーメン(600円)

伊予市の豚太郎も少なくとも30年以上前から営業を続けており豚太郎の中でも古い部類に属します。松山から国道56号を南予に向かう際には松山都市圏では最後のラーメン屋になるので、ここに立ち寄っておくと良いでしょう。以前はもう少し山に入った所に老舗のラーメンショップもあったけど3年ほど前に潰れてしまいました。


[豚太郎@伊予店]の続きを読む
きさいや広場01
太刀魚ちりめん丼(1,050円)

野村に行った後は宇和から宇和島の国道56号沿いで昼食にしようと思っていたのですが、10年前には沿線に何件かあったラーメン屋(豚太郎、りょう花、ラーメンショップ、麺小町等)は全て廃業していて、目に付いた飲食店は真珠会館のみという状況になってました。これも松山道(無料区間)の開通によって旧吉田町が幹線道路から外れてしまった結果なのでしょう。
結局、宇和島道路に入って無難に「道の駅・うわじまきさいや広場」の食堂(ほづみ亭)に入ってると、意外に海鮮丼や郷土料理が充実していて悪くない品揃えです。これらのメニューの中には旧吉田町の名物と知られる太刀巻き(三枚におろした太刀魚を竹に巻いてタレを付けて炭火で焼いたもの)もありました。


[きさいや広場]の続きを読む
海賊うどん01
海賊うどん(700円)+大盛(100円)

予讃線(松山駅~伊予西条駅)の追っかけの際に、昼食に立ち寄ったのは松山市から今治市に入ってすぐの旧菊間町田之尻にある海賊うどんです。この店は少なくとも20年以上前から現在と同じ場所で営業しており、私が少年だった頃から気になってはいたのですが、松山市街から20km程度という微妙な立地から食事を摂る機会に恵まれず、今回は嫁の実家である八幡浜から出発した事によってちょうど昼飯時に通り掛かったのでした。
20年来の念願が叶ってオーダーしたのは屋号と同じ「海賊うどん」。品名からは野趣あふれるものを想像していましたが、実際に出て来たのは上品な船形容器に盛られた豪華な全部乗せ(肉、海老天、とろろ、きつね、玉子焼き、蒲鉾、じゃこ天、ワカメ等)うどんでした。これでも価格は700円と非常にリーズナブルで、かけうどんなら250円から食べられるコスパの良さです。


[海賊うどん]の続きを読む
野咲01
スペシャルランチ(690円)

今年の夏に松山に帰った時には、久しぶりに千舟町の野咲でランチを食べてきました。この店は松山では名の知れた洋食屋で、味とコスパと良さが高い評価を受けています。メニューにはランチ、スパゲティ、ライス系などがありますが、やはりランチメニューが人気で一番出てているようです。私からは初訪問の際には取り敢えずスペシャルランチ(チキンカツ、ポークピカタ、エビ・魚のフリッター)を頼んでおく事をオススメしときます。


[レストラン野咲]の続きを読む
愛媛への道22
【11:02】 東京方面への建設が進む御殿場ジャンクション

今年の夏休みは7/21()から31(火)まで11連休を取って愛媛に帰省してきました。お盆の時期を外したためか往路では珍しく鈴鹿(東名阪)での渋滞もなかったため、八王子~大洲間に要した時間はをこれまでで最速となる9時間半でした(暑すぎてSA、PAでゆっくりタバコも吸えなかったという事情もあるけど)。

八王子IC【9:58】→海老名JCT【10:26】→御殿場JCT【11:02】→(休憩30分)→豊田JCT【13:27】→四日市JCT【13:55】→亀山JCT【14:09】→(休憩15分)→草津JCT【14:50】→高槻JCT【15:14】→神戸JCT【15:39】→(休憩10分)→倉敷JCT【17:13】→(休憩10分)→松山IC【18:56】→大洲IC【19:23】


[愛媛への道@2018年夏]の続きを読む
太陽01
チャーシューらーめん(780円)+大盛(70円)

今日は職場の同僚に誘われて、東京都心が今年最高気温となる34.8度を記録した猛暑の中、高円寺駅前(東京都杉並区)の太陽に行ってきました。駅北口の細い商店街で営業している同店は、いかにも老舗のラーメン屋と言った風情があり、注文したチャーシューメンも昔ながらの中華そばでした。23区内のJR駅前としては価格も非常に安くノーマルのラーメンなら480円(!)から食べられます。


[太陽]の続きを読む