戸塚踏切24
戸塚駅東口側から見た戸塚踏切
(平成27年2月27日撮影)

平成27(2015)年3月25日に閉鎖された戸塚踏切(横浜市戸塚区)を3年ぶりに訪れてみると、すっかり周辺整備は終わっていて、一見しただけでは踏切があったとは分からない状態になっていましたが、東口側には「戸塚大踏切ひろば」が開設され、この地に地元の名物として親しまれていた踏切が存在した事を伝えています。


[国道1号線・戸塚踏切跡]の続きを読む
スポンサーサイト
二郎01
小ラーメン(750円)
(野菜以外マシ)

先週金曜日(2/23)に立川駅南口のラーメン二郎が珍しく店を開けて行列を作っているのを目にしたので、開店日及び営業時間が気になりググってみると、平成27(2015)年3月から長期休業に入って以来、実に1450日の休業期間を経て今年(平成30年)の2月20日から営業を再開した事が判明。だからで開いてるところを見た記憶がない訳だ。
となると、二郎系が大好きな私としては、まだ行った事がない本家本元の二郎にも行ってみないと気が済まない訳でして、本日の昼食に同僚と行ってきました。

「二郎」立川店、1450日ぶりに営業再開 ファン歓喜の行列で「2時間待ち」

長期休業中だった「ラーメン二郎 立川店」(東京都立川市)が2018年2月20日、約3年11か月ぶりに営業を再開した。
再開当日は、平日の昼間にも関わらず多くのファンが開店前から行列を作った。店を訪れた客の話によれば、一時は入店まで2時間以上かかるほどの盛況ぶりだったという。
(中略)
なお、二郎立川店の営業再開はネット上でも大きな反響を呼んでおり、ツイッターには「復活マジ? 二度と再オープンしないと諦めていた」「絶対行こう」といった歓喜の声が相次いで寄せられている。


J-CASTニュース 平成30年2月20日(火)配信記事より


[ラーメン二郎@立川店]の続きを読む
小袋谷跨線橋02
【A地点】 大船工場専用線の踏切跡
(平成25年2月16日撮影)

富士見町駅(湘南モノレール)からモノレール下の市道(昭和6(1931)年に開通した旧・京浜急行有料道路)を小袋谷跨線橋に向けて歩くと踏切の跡があります。これは列車の点検や修理が行われていたJR大船工場への専用のもので、平成18(2006)年3月に大船工場の閉鎖に伴って廃線になりました。


[小袋谷跨線橋(神奈川県鎌倉市)]の続きを読む
どん二郎01
どん二郎の準備食材

今日は昨年から話題になっている日清食品の「どん兵衛」を利用して、二郎系ラーメンを再現する「どん二郎」を作ってみました。
用意した食材は、どん兵衛(128円)、キャベツ1/4(88円)、もやし(28円)、チューブのニンニク、そして牛脂です。


[どん二郎]の続きを読む
開港記念会館01
横浜市開港記念会館

今日は長女の希望により横浜市の放送ライブラリー(横浜市中区)に展示されているコード・ブルーのセットを見に行ってきました。
放送ライブラリーの最寄駅である日本大通り駅(みなとみらい線)から地上の県庁前交差点に出ると、いきなり圧巻の煉瓦建造物が視界に入りました。これは横浜開港50周年を記念して大正6(1917)年に建てられた横浜市開港記念会館(関東大震災で消失したため昭和2(1927)年に復元再建したもの)で、高さ36mにも達する時計塔は「ジャックの塔」の愛称で親しまれており、横浜市のシンボル的存在の一つと言えるでしょう。

【横浜市開港記念会館】
大正6(1917)年竣工
昭和2(1927)年再建
煉瓦建造物(地上2階、塔5階、地下1階)
国重文


[開港記念会館と情報文化センター]の続きを読む
悟空01
博多MAXラーメン黒(1,050円)

横浜からの帰りに立川駅のラーメンスクエアで夕食としました。現在営業している6店のうち3店(次男坊恵比寿極ジョー)は既に行った事があったので、残る3店の中から長浜ラーメンの悟空を選択。
基本メニューは、あっさりとんこつの長浜ラーメン(650円)に、王道の白、旨辛タレの赤、焦がし脂の黒の3色(各680円)があり、3色のラーメンにはそれぞれ全部乗せに該当するMAX(各1,050円)があります。私がオーダーした黒はとんこつに焦がし脂がアクセントになっていて美味かったですよ。


[麺屋 悟空]の続きを読む
松山電気軌道01
松山電気軌道開通記念絵葉書

松山電気軌道の廃線跡のうち本町以西の区間は遺構も資料も乏しく記事にしにくいため、前回の更新から7年以上も開いてしまいましたが、ここを書かない事には先に進めないので今回は三本柳から六軒家まで一気に紹介しときましょう。
まずは今回紹介する区間とは直接関係ないけど、最近になって発見した松山電気軌道の開業記念絵葉書から。これは乗車券も兼ねた記念切符的なもので運賃は通行税込で9銭(乗車区間は不明)。日付印は明治44(1911)年9月20日となっていて、これは難工事のため開業が遅れた札ノ辻~本町間(L=0.3km)が開通した翌日に当たります。


[松山電気軌道②【三本柳~六軒家】]の続きを読む
鰻02
うなぎ蒲焼缶(1,080円)

私は鰻が結構好きなのですが、今年に入ってから「鰻の稚魚が記録的不漁」という内容の記事を目にするようになり現状を心配してます。そんな折にスーパーで浜名湖食品の「うなぎ蒲焼缶」なる缶詰を見掛けたので、物は試しとばかりに一つ買ってみました。

ウナギ稚魚“シラスウナギ”の記録的不漁続く 去年のわずか『0.5%』の漁獲量 愛知

記録的な不漁が続くウナギの稚魚・シラスウナギ。先月の愛知県内の漁獲量は去年のわずか0.5%に留まったことが愛知県への取材でわかりました。
愛知県が取りまとめた先月の県内でのシラスウナギ漁獲量は911グラムで、およそ200キロ獲れた去年の0.5%にとどまりました。
(以下略)


東海テレビ 平成30年2月21日(水)配信記事より

[うなぎ缶]の続きを読む
鏡花01
釜玉油そば(850円)+大盛(100円)

今日は散髪の帰りに立川駅南口の鏡花に行ってきました。
この店は立川では名前の知れた有名店で、平成17(2005)年10月にオープンした松山市駅前地下街(通称:まつちか)のラーメンステーションにも初回から出店していました。当時の私は松山市駅まで仕事をしていたので、ラーメンステーションには毎日のように通っていて、鏡花では松山では珍しかった釜玉油そばを食べた覚えがあります。そんな訳で10数年ぶりとなる鏡花の油そばですが、油そばには珍しい平打ち麺に作り込まれたタレがしっかり絡んで美味かったです。
なお、まつちかのラーメンステーションはテナント料の高さと、それに起因する東京並みの価格設定が災いしたのか、地域に根付く間もなく4年後の平成21(2009)年8月に廃業してしまいました。


[鏡花]の続きを読む
五月橋01
五月橋

非名阪(国道25号)が三重・奈良県境の名張川を渡る五月橋は、非名阪では唯一の近代土木遺産(Cランク)です。
架設に当たっては当時の波多野村(昭和31年に豊原村、東山村と合併して山添村となる。)の村長だった中西樽次郎氏の尽力があったと伝わっており、橋の西詰(奈良県側)には同氏の功績を称える彰功碑が建立されていました。

【五月橋】
昭和3(1928)年竣工
延長95.4m、幅員4.6m
鋼プラットトラス+ポニートラス橋
近代土木遺産Cランク


[国道25号線・五月橋]の続きを読む