松野屋
勝浦タンタンメン(730円)+大盛(160円)+チャーシュー(300円)

千葉県には三大ラーメンと言われる3つのご当地ラーメンがあります。アリランラーメン(長柄町)と竹岡式ラーメン(富津市)と勝浦タンタンメン(勝浦市)です。千葉刑務所(千葉市)から山生橋梁(鴨川市)にかけての探索時にこれら三大ラーメンを制覇するつもりでしたが、朝食と昼食に予定していたアリランと竹岡式は定休日(水曜日)だったため、食べられたのは夕食の勝浦タンタンだけという残念な結果に終わりました。
wikiによりますと勝浦タンタンメンは「当地の海女・漁師が寒い海仕事の後に、冷えた体を温めるメニュー」 として始まったそうで、担々麺の具材として一般的な胡麻や芝麻醤は使用されておらず、代わりにラー油や唐辛子で炒めたタマネギを使用しているのが特徴です。そのためスープは辛めの仕上がりで、胡麻のマイルドな風味が好きな私にはちょっと厳しい味でした。まあ、これは個人の好みであって辛いのが好きな人には良いんじゃないかと思います。


[ラーメン松野屋]の続きを読む
スポンサーサイト
山生橋梁01
山生橋梁を通過する内房線列車
(奥が江見側)

内房線の江見~太海間(千葉県鴨川市)には海岸沿いの厳しい地形に線路を通す必要があった事から、浜辺に架けられた海上橋とでもいうべき桟橋状のRC橋が存在します。大正13(1924)年に竣工した山生橋梁(やもめきょうりょう)です。

山生橋梁

建設中に関東大震災を経験した山生橋りょう。海岸の波打ち際に沿っているため、塩害を考慮して鉄桁を使わず、当時、国鉄としては初めて鉄筋コンクリート鉄道橋を採用した。
(現地の案内板より)


【山生橋梁】
大正13(1924)年竣工
延長164.8m
RC橋
選奨土木遺産
近代土木遺産Aランク


[内房線・山生橋梁]の続きを読む
壱発ラーメン01
ねぎトロチャーシュー正油(1,100円)+中盛(100円)

今日は名古屋から出て来た友人たちをラーメン接待しなければならなかったため、思案の末にかねてより気になっていた八王子の壱発ラーメンに行ってきました。この店の名物は花が咲いたように盛られたチャーシューと、山芋やめかぶを使用した「とろろラーメン」で、今回は初訪問という事で私は無難にチャーシューと山芋とろろが乗ったねぎトロチャーシュー正油をオーダー。
テーブルに到着したラーメンは聞きしに勝るデカ盛りで、青地の丼に細めの麺とネギ、ワカメ、ノリと言った具材が最近ハマっているラーメンショップを髣髴とさせてくれます。もしかすると、この店も何かしらラーメンショップの系譜を引いているのかもしれないですね。
味は文句なしに美味かったので、今後も職場のラーメン会で再訪する事になるでしょう。


[壱発ラーメン@八王子本店]の続きを読む
以布利トンネル01
【A地点】 以布利トンネル土佐清水側坑口

高知県土佐清水市の以布利トンネル(以布利バイパス)は、まだ私が愛媛に住んでた平成21(2009)年に開通していましたが、土佐清水市は「東京からの移動時間を最も要する市」と言われるほどの僻地であるため、ようやく初通過が叶ったのは開通から7年も経った平成28(2016)年の事でした。
ちなみに「えきから」で東京駅から中村駅までの所要時間を検索してみると、航空機を利用しても6時間30分~7時間程度。さらに中村~土佐清水間はバスで約1時間かかります。現在は高知道が窪川まで開通しているので、高知空港でレンタカーを借りれば公共交通機関と比べて1~2時間ぐらいは短縮できるでしょう。

【以布利トンネル】
平成21(2009)年8月2日開通
延長504m

[旧国道321号線・以布利トンネル]の続きを読む
立川防災航空祭01
陸上自衛隊ヘリCH-47J

今日の天気は雨のち晴れ。雨が上がった午後に市役所前の中央南北線(都道153号・立川昭島線)を歩いていると、やたら頻繁に見慣れないヘリが行き来していました。これらのヘリは立川防災航空祭における体験搭乗機だったようです。


[立川防災航空祭]の続きを読む
大勝軒01
大勝軒そば(1,140円)+大盛(130円)

今日は事情により酒が飲めない日だったので、夕食に武蔵村山市の大勝軒へ行ってきました。この店は池袋を発祥とする大勝軒の派生店の一つで、本店と同様につけ麺が名物として知られています。基本メニューは中華そば、もりそば(冷つけ麺)、あつもり(温つけ麺)の3種があり、それぞれ醤油or塩が選択可。
今回、私が頼んだ大勝軒そば(醤油)は、いわゆる「全部のせ」でチャーシュー、味玉、のり、チャーシュー等が入っていました。


[武蔵村山 大勝軒]の続きを読む
急勾配01
37%の「下り急勾配あり」
(東京都東大和市)

こちらの記事で東京都東大和市に国内最大の数値である「37%」を示した「下り急勾配あり」の警戒標識があるという事を知りました。この標識が設置されているのは住宅街の中の市道だというので、わざわざネタにする程でもないような気もしたけど、車で30分程度の隣町だったため確認してきた次第です。一応、解説しておくと37%の勾配とは100mの距離で37mの高低差が生じる坂道であり、この数値が本当だとすれば車両での通行は困難であると思われます。


[37%の急勾配(東京都東大和市)]の続きを読む
新神通川橋梁01
神通川鉄橋
(戦前絵葉書より)

富山駅の西側に架かっている北陸本線の新神通川橋梁(単線)は明治41(1908)年に完成したものです。
昭和2(1927)年に富山駅から越中八尾駅まで高山本線が開業したため、新神通川橋梁を含む富山駅~田刈屋信号場間(L=1.4km)は北陸本線と高山本線の共用区間になりました。その後、昭和34(1959)年には北陸本線の複線化に伴い、下流側に新しい新神通川橋梁(複線)が新設され、以後の旧橋は高山本線専用となって現在に至ります。


[高山本線・新神通川橋梁]の続きを読む
ラーメンショップ38
みそチャーシュー(850円)+大盛(150円)+ネギ(100円)

今日は酒が飲めない日だったので夕食に拝島駅前のラーメンショップに行ってきました。この店ではラーショでは珍しい縮れ麺が使用されており、山盛りの野菜(主にキャベツ)と共に特徴的です。なお、食べログの感想でも見かけましたが、餃子は出来上がりが遅く20分以上かかったので、注文の際には時間と相談する必要があるかと。


[ラーメンショップ@拝島店]の続きを読む
拝島駅01
【A地点】 武蔵野橋南交差点
(平成24年11月24日撮影)

久しぶりに拝島駅前を通ると、国道16号からのアクセス道路である都道164号(拝島停車場線)が全面的に付け替えられていました。都道164号は拝島駅南口から国道16号の武蔵野橋南交差点までを結んでいる全長349mの路線で、この内の半分以上を占める終点側の約200mは武蔵野橋が開通する以前の旧国道16号です。


[都道164号・拝島停車場線]の続きを読む