永木トンネル01
永木トンネルから大洲方面を見る
(平成12年6月4日撮影)

自動車免許を取得して間もない頃に、伊予郡双海町下灘(現・伊予市)から伊予郡中山町(現・伊予市)に向けて県道(54号→226号)を走行していると、途中で松山自動車道の永木トンネル付近の建設工事現場に出くわしました。永木トンネルを含む松山道の伊予IC~大洲IC間は、これより約50日後の7月28日に開通しているので、工事の進捗状況としては最終段階に当たるでしょうか。


[松山自動車道・永木トンネル]の続きを読む
スポンサーサイト
一升餅01
三女と一升餅

今日は三女の1歳の誕生日だったので一升餅の儀式を実施しました。お餅の発注先は次女の時と同様に大阪の伊富貴さん。ここは味も値段もサービスも良いので、お持ちの注文にはオススメですよ。なお、写真の一升餅は裏返してるけど表にはちゃんと名前が入ってます。


[一升餅とデータ復旧]の続きを読む
筒井徳丸線01
西古泉の交差点
(平成22年9月23日撮影)

私が東京に出て来てから1年後(平成23年3月)に愛媛県伊予郡松前町の町道・筒井徳丸線が町内昌農内まで延伸開通しました。
町道筒井徳丸線は松前町内に不足している東西道路で、国道56号を除くと唯一の4車線道路です。初めての開通(県道22号~県道326号間)は、私が運転免許を取得して間もない平成12(2000)年の事で、当時は県道326号(旧国道56号)と突き当たる丁字路交差点には「ギノーみそ」の工場が建っていました。その後、筒井徳丸線の延伸工事に伴い「ギノーみそ」は立ち退きとなり、現在地(愛媛県伊予郡松前町永田345-1)に移転しています。


[松前町道・筒井徳丸線]の続きを読む
吉野橋01
【A地点】 吉野橋
(戦前絵葉書より)

「伊予 吉野橋」と題した戦前絵葉書。絵葉書にはタイトル以上の事は記されてないけど、周辺の景色から北宇和郡松野町の吉野橋を撮影したものと思われます。向かって右側の親柱には「吉野橋」、左側の親柱には何処か(中村?)までの距離が刻まれているようですが、原本を見てもあと一歩解像度が足りず判読不能でした。


[旧国道381号線・吉野橋]の続きを読む
串駅01
串駅
(奥が宇和島方面)

かの有名な下灘駅の西隣に位置する串駅(愛媛県伊予市)。
下灘駅と同様に瀬戸内海に近接した立地であるものの、プラットホームからはほとんど海が見えないため、下灘駅のように観光地化する事もなく現在では秘境駅の一つにも数えられています。海周りの予讃線(向井原駅~伊予大洲駅間の旧線)には、幹線時代の名残(行き違い設備跡等)が残っている駅が少なくありませんが、串駅にはそのような遺構は見られず当初から1面1線の棒線駅だったようです。


[予讃線・串駅]の続きを読む
ラーメンショップ18
セロリチャーシュー(900円)+大盛(200円)

9月に入って涼しくなってきたので我がラーメン会の活動も活発になってきました。今朝は近隣ラーメンショップ訪問の3回目、朝9時からやってる青梅市藤橋店へ行ってきました。
ここのメニューで目を引いたのは他では聞いたことがない「セロリラーメン」(750円)。私は初訪問の店では変わったものは食べない主義なのですが、この店はラーメンショップでは珍しく味噌系がなかった事もあって「セロリチャーシュー」を選択。どんなものが出てくるのか内心不安だったけど、味付けされたセロリは想像以上に醤油ラーメンに合っていて、ネギとはまた違った食感で美味かったですよ。


[ラーメンショップ@藤橋店]の続きを読む
多摩川橋梁01
多摩川橋梁を渡る南武線電車
(昭和30年代の絵葉書)

南武線の多摩川橋梁は南多摩駅~分倍河原駅間の開業に伴い昭和3(1928)年に開通しました。特記事項のない鋼プレートガーダー橋(上路)だけど、多摩川に架かる橋梁の中では長い部類に入ります。

【多摩川橋梁】
昭和3(1928)年開通
上路プレートガーダー橋
延長502m


[多摩川橋梁(南武線)]の続きを読む
松山ジャンクション01
松山外環状道路

本日は松山外環状道路の余戸南IC~東垣生IC間(側道部分)が開通する日です。外環状が着工した平成20(2008)年から9年の歳月をかけて、ようやく松山ICから松山空港の間近まで開通した事になります。今回は外環状の本格着工前に暫定開通していた松山ICの入口部分(現在の井門IC~松山JCT~古川IC)の変化について紹介していく事にしましょう。


[松山外環状道路【松山ジャンクション】]の続きを読む
山中陸橋01
初代・めがね橋
(立川十二景絵葉書より)

昭和57(1982)年に立川市が発行した立川十二景の絵葉書。立川十二景とは曙町(駅北口)に住んでいた馬場吉蔵氏が明治30年代の市内各地を描いた風景画から作製したものです。十二景の中には中央線の上に架かっている跨線橋(めがね橋と山中陸橋)が含まれています。
中央線の前身である甲武鉄道が新宿から八王子まで開業したのは明治22(1889)年。馬場氏が描いた煉瓦製のめがね橋は甲武鉄道開業時に架設され、昭和12(1937)年に完成した立川駅~豊田駅間の複線化工事によって取り壊されました。

 
[めがね橋と山中陸橋(東京都立川市)]の続きを読む
亀山ジャンクション01
亀山ジャンクション
(平成29年5月8日撮影)

今朝方、新名神から東名阪に合流する亀山JCTにて死傷事故が発生したようです。
記事に目を通すとあたかも事故発生時に降っていた雨が事故の一因であるかのような書きぶりですが、帰省のたびに当JCTを通っている私からすると少々雨が降ったぐらいで事故が起こるような線形ではなく、主な原因は速度超過か前方不注意しか考えられません。ただでさえ渋滞が多発する東名阪で、こういう事故は勘弁して貰いたいと思います。自分が事故者の車に接触されたり、事故渋滞に巻き込まれなくて本当に良かった。

新名神から東名阪への合流カーブでワゴン車横転 3人死傷 雨でスリップか 三重

16日朝早く、三重県亀山市の新名神高速で8人乗りのワゴン車が横転し、女性1人が死亡、2人が重軽傷を負いました。警察は雨の影響によりスリップしたとみて調べています。
 16日午前5時前、亀山市辺法寺町の新名神高速亀山JCT付近の上り線で、山口県山陽小野田市の男性(54)が運転する8人乗りのワゴン車がスリップし、左側のガードレールに衝突した上、横転しました。
 この事故で3列目の左側に座っていたパート従業員・●●●子さん(64)が頭を打つなどして死亡しました。また女性(38)が腰などを打ち重傷、別の女性(46)が軽傷です。
 現場は、新名神から東名阪道の名古屋方面に合流する左カーブです。警察は未明から降っていた雨により濡れた路面で車がスリップしたとみて詳しく調べています。


東海テレビ 平成29年9月16日(土)配信記事より