名阪国道01
名阪国道(亀山~伊賀間)

国道25号線は三重県四日市市と大阪府大阪市を結んでいる延長144.5kmの幹線道路です。
この内、三重県亀山市~奈良県天理市までの73.3kmは、無料で通行可能な自動車専用道路である名阪国道として昭和40(1960)年に開通しています(当時は暫定2車線。昭和52年に全線4車線化)。一方、名阪国道に並行している旧来の国道25号線(大和街道)も名阪国道が自専道である為か、旧道落ちしてから50年以上が経過した現在も国道指定されたまま残っていますが、最低限の整備しか行われておらず、伊賀市内の一部を除くと2ケタ国道としては例外的な酷道として現存する事になりました。このような状況から名阪国道に並行する旧道を道路マニアの間では「名阪国道ではない名阪国道」という事で「非名阪」なる愛称で親しまれています。
また、亀山市~伊賀市柘植間の非名阪に並行している関西本線は、関西鉄道(明治40年国有化)によって明治23(1890)年に開業した区間であり、120年以上前に建造された鉄道構造物の多くが近代土木遺産の指定を受け、今日でも現役で利用されています。


[非名阪と関西本線の近代土木遺産【前編】]の続きを読む
スポンサーサイト
アブラ01
「アブラたりてます?」のパッケージ

今日コンビニに行くと、エースコックから「アブラたりてます?」という名前の挑発的なカップ麺を発見。そう言えば「最近はエースにも来来亭にも行ってないので、アブラが不足しているかもしれない」と思い、名前に惹かれる形で購入してみました。値段はコンビニ価格で260円と少し高めの設定です。


[アブラたりてます?]の続きを読む
向野橋01
向野跨線橋

昨年の長期出張時にキップ購入の手違いで夕方に名古屋駅に着いてしまった事があったので、日没までの1時間程度の時間を使って名古屋駅周辺の近代土木遺産2件を見てきました。
まずはJR関西本線、名古屋車両区、近鉄名古屋線、あおなみ線を跨ぐ向野跨線橋。この橋のトラスは明治32(1899)年に山陰本線(新線の開通により現在は嵯峨野観光鉄道)の保津川橋梁として製造・架設された物で、昭和3(1928)年に保津川橋梁が架け換えになった事から、当地に道路橋として移設されました。なぜ山陰本線で架け換えになったのかは不明ですが、昭和3年には同じく嵯峨野観光鉄道になっている区間の鵜飼第1トンネルも新トンネルに切り替えられているので、保津川沿線の山陰本線ではこの時期に路線の強化が行われたのかもしれません。

【向野跨線橋】
明治32(1899)年製造、昭和5(1930)年に現在地へ移設
鋼プラットトラス橋
全長119m(トラスは85m)、幅員5.5m
近代土木遺産Bランク


[向野跨線橋と新名古屋地下トンネル]の続きを読む
カロリーハウス01
サーロインステーキ400g(4,060円)

今日は職場の先輩が昼食を御馳走してくれると言うので、府中市のカロリーハウスでステーキをゴチになってきました。この店は1年半前に行った事があるRIVER(日野市)の本店とも言うべき人気店で、店の前(府中街道)を通り掛かるといつも長蛇の列ができています。
サーロインの他にはRIVERでも食べたハンバーグステーキ(400g:1,410円)やカロリーステーキ(400g:3,100円)等があり、いずれもボリューム満点で美味かったですよ。なお、ステーキに付いてるライスは3杯までおかわりが無料です。


[カロリーハウス]の続きを読む
いっぱしや01
信州みそらーめん(760円)+バター(110円)

今夜は久しぶりに立川におけるラーメン会。上司の勧めにより多摩大橋を渡って八王子石川町の「いっぱしや」に行って来ました。この店は、味噌ラーメンの専門店のようで、メニューは味噌ラーメンオンリーながら、札幌味噌は元より、信州味噌、胡麻味噌、西京味噌、そして名古屋名産の八丁味噌ラーメン等、全国各地の味噌を利用したラーメンがありました。今回は店側がオススメする信州味噌ラーメンにしましたが、3ヶ月間名古屋に親しんできた身としては八丁味噌ラーメンも気になるところではあります(近場なので必ず再訪するつもり)。
もちろんバターを入れた信州味噌ラーメンは、とても美味かったですよ。これは八丁味噌ラーメンの為に再訪は確定だな。


[いっぱしや]の続きを読む
おとぎ列車00
西武山口線周辺地図

西武山口線は昭和25(1950)年に多摩湖の畔に開園した西武園の遊戯施設(おとぎ線:軌間762mmのナローゲージ)という形で、多摩湖ホテル前駅(後に遊園地前駅に改称)~上堰堤駅(現在の狭山スキー場付近)間が開業した事に始まります。翌昭和26年に山口観音の北側に、西武によって遊園地・ユネスコ村が開園した為、上堰堤駅からユネスコ村駅まで延伸して西武が所有する両遊園地を結ぶ路線が完成。昭和27(1952)年には地方鉄道に転換して山口線と改称、遊戯施設から正式な鉄道になりましたが、起終点が共に遊園地である僅か3.7kmの路線でした。
機関車には当初は蓄電池機関車(バッテリーロコ)が使用されていましたが、昭和47(1972)年からは集客の一環として蒸気機関車の運行を開始し、これは昭和59(1984)年に西武山口線が案内軌条式鉄道への改築工事によって休止するまで継続しています。案内軌条化に当たっては、起終点駅を遊園地から西武狭山線・西武球場前駅と西武多摩湖線・西武遊園地駅に変更する事によって山口線を狭山線と多摩湖線の連絡路線とし、途中駅として遊園地西駅を設置して西武園ゆうえんちへのアクセスも維持しました。ただし、ユネスコ村への旧線は廃止となり、ユネスコ村自体も6年後の平成2(1990)年に閉園しています。

おとぎ電車

オトギ電車の発駅は多摩湖ホテル前駅であり、此の駅よりユネスコ村駅間は三粁七にして約二十分を要す。途中には鉄橋あり、隧道あり、林間をぬけ、丘を越え車窓よりの眺めは又格別にして、世界各国の様々の形の変つた家を眺めながら走る、文字通りオトギの国の電車である。

(記念乗車券より)



[西武山口線旧線跡【前編】]の続きを読む
大崎第四隧道01
大崎隧道周辺地図

滋賀県道557号線(西浅井マキノ線)の大崎第四隧道で、洞内の覆工コンクリートに損傷が見付かった事から、同県道の大崎第三隧道から高島市・長浜市境までの約2kmの区間が1月14日(木)から通行止となりました。
大崎第四隧道は第一~第五まである海津大崎の隧道群(近代土木遺産Cランク)の一つで、県道海津木之本線として昭和11(1936)年に開通しています。同県道は昭和45(1970)年には国道303号線に昇格したものの、昭和59(1984)年には国道のバイパスとして奥琵琶トンネル(L=1,155m)が開通した為、大崎隧道群を含む旧道区間は国道指定を外れ現在に至っています。
琵琶湖北岸の同県道沿線は桜の名所として知られており、桜のシーズンには観光客の車で混雑しますが、滋賀県の発表によると春までに通行止を解除できるかは不明という事です。

滋賀・西浅井マキノ線一部通行止め トンネル内ひび割れ

 滋賀県は15日までに、海津大崎を巡る県道西浅井マキノ線の大崎第四隧道(ずいどう)で、トンネル内にひび割れが見つかり、当面の間、同隧道を通行止めにすると発表した。同隧道は1936年建設で長さ55メートル、幅5・1メートル。定期点検中に西側入り口から14メートルの天井付近で、ひび割れが1カ所見つかった。第三-第五隧道周辺約2キロを通行止めにし、コンクリートの詳細な調査と補修を行う。
(以下略)


京都新聞 平成28年1月15日(金)22時30分配信記事より


[大崎隧道・通行止(滋賀県高島市)]の続きを読む
住吉公園駅01
住吉公園駅周辺地図

昨年(平成27年)8月28日に阪堺電気軌道は上町線(天王寺駅前~住吉公園、L=4.6km)の末端部分である住吉~住吉公園間(L=0.2km)を、平成28年1月31日をもって廃止する事を発表しました。
住吉公園駅からは昭和30年代には1日200本もの電車が運行していましたが、近年では乗客が減少し続け、あべのハルカスの開業に合わせて行われた平成26(2014)年3月のダイヤ改正からは住吉公園を発車する電車は平日5本、休日4本にまで激減し、この時点で既に住吉公園駅の廃止は取り沙汰されていました。阪堺電気軌道の発表によると、老朽化した住吉~住吉公園間の線路及びポイント設備の改修には約5億円の費用を要する為、電車が1日4~5本しか走っていない同区間の廃止を決断したという事です。
廃線になる区間の記録を残しておこうと思い、平成27年10月3日(土)に名古屋から現地へ行って来ました。

上町線 住吉~住吉公園間(0.2km)の軌道事業の廃止について

 当社では、この度、上町線 住吉~住吉公園間(0.2km)の軌道事業を廃止することとし、国土交通大臣宛てに廃止申請書を提出いたしました。
 この区間は、現在、朝の7・8時台(平日:上下5本、土休日:上下4本)のみ運行しておりますが、事業廃止により、住吉公園停留場に乗り入れている電車を我孫子道停留場までの運行に変更する予定です。ご利用のお客さまには大変ご迷惑をお掛けしますが、何卒、ご理解賜りますようお願い申し上げます。

(阪堺電気軌道株式会社の告知文より)



[阪堺電気軌道上町線・住吉公園駅]の続きを読む
神田川トンネル01
日本最初の河底隧道(神田川)
浅草神田間延長開通紀念

国道17号線・万世橋の直下である神田川の底には、日本初の河底トンネルである東京メトロ銀座線の神田川トンネルが通っています。
東京の地下鉄の歴史は昭和2(1927)年に東京地下鉄道(東京メトロの前身)によって浅草~上野間が開業した事に始まります(東洋初の地下鉄)。その後の東京地下鉄道は新橋を目指して南進しますが、早々に神田川に阻まれました。そこで、東京地下鉄道は取り敢えず神田川左岸に万世橋仮駅を設置して臨時の終着駅とし、日本初の河底トンネルでもって神田川のパスを目論見ます。この工事は神田川を一時的に堰き止めて川底を開削する開削工法によって建造されました。同時進行でトンネル上の神田川に架かる現在の万世橋も新造されています。
これらの工事の完成(昭和5~6年)により地下鉄の延伸と万世橋の架け換えに伴う新道の開通(須田町交差点の移設)が実現し、周辺地域の近代化は進みましたが、交通における主役の座を奪われた旧来の中央線・万世橋駅の衰退を決定付ける出来事でした。

【神田川トンネル】
昭和6(1931)年開業
延長約30m
近代土木遺産Bランク


[東京メトロ銀座線・神田川トンネル]の続きを読む
ぶぶか01
油味玉子チャーシュそば(980円)+大盛(100円)

最近では都内の多くの店で「油そば」が手軽に食べられるようになりましたが、昨日は万世橋に行った帰りに「油そば」の草分け的な存在である吉祥寺の「ぶぶか」へ行って来ました。油そばにテーブル備え付けのニンニクとラー油をたっぷり入れていただきます。さすがに老舗と言われるだけあって基本に忠実な味が美味かったです。


[「ぶぶか」と「カエル」]の続きを読む