八王子バイパス16
御殿山料金所
(無料開放後)

本日、無料開放後の八王子バイパスを初走行してきたので、以下に無料開放後と有料道路時代と比較していきます。
まずは御殿山にあった料金所は12月31日現在、「御殿山料金所」の看板が「無料」の幕に覆われていた他は手付かずのまま残っていました。もちろん無料化に伴い停車する必要はなくなりましたが、料金所の手前は上下線とも有料道路時代と同様に制限速度が40km/hになっています。このような状態で料金所が残っていると、戸惑って停車しそうになるドライバーもいるだろうから、追突事故防止の観点からも早急な撤去が望まれるところです。

>>以前の記事はこちら


[国道16号線・八王子バイパス(無料開放後)]の続きを読む
スポンサーサイト
山岡屋09
お子様セット(480円)

名古屋から帰ってきて家族揃っての外食は、次女の強い要望により山岡屋での朝ラーです。2015年冬の期間限定ラーメンは「プレミアム塩とんこつ」でした。


[山岡家@瑞穂店②]の続きを読む
木本隧道01
木本隧道 新宮側坑口
(戦前絵葉書より)

熊野市(旧・木本町)の海岸景勝地である鬼ヶ城に車道を通す為、大正15年に県道新鹿木本線(現・国道311号線)の一部として木本隧道が開通しました。延長は509mあり、当時の道路隧道としては栗子山隧道(福島・山形県境)、佐波山隧道(山口県)に次ぐ長大隧道でした。
昭和24(1949)年になると国道42号線の新道(大泊~佐田坂~小坂隧道)が開通した為、木本隧道も国道42号線に編入され、昭和39(1964)年には国道42号線の新トンネルとして鬼ヶ城トンネルが開通したことから、旧道となった木本隧道は昭和48(1973)年に鬼ヶ城歩道トンネルと名前を変えて、歩道及び車両は熊野市街から尾鷲方面へ向けての一方通行路として活用されています。

二百八十間の隧道を出づれば直ちに鬼ヶ城の千畳敷に通ずべく泊観音古刹
泊の海水浴場もこの附近にあり
新宮 久保写真館撮影


なお、上記絵葉書を撮影した新宮の久保写真館は、現在も新宮市新町にて営業しているようです。


[旧国道42号線・木本隧道]の続きを読む
けん01
チャーシューメン(630円)+大盛(150円)

関ヶ原インター(名神高速)から桑名インター(東名阪道)へ国道365号線を南下する際に、関ヶ原辺りで夕飯時になったことから「関ヶ原 ラーメン屋」で検索した結果、一番上に出てきた「けん」に寄ってみました。私はチャーシューメンと餃子にしたけど、レビューによると味噌ラーメンと炒飯がオススメらしいですよ。


[けん@岐阜県大垣市]の続きを読む
源氏橋01
源氏橋

養老駅からほど近い町内飯ノ木の県道213号線(養老平田線)の傍には、源義朝(1123~1160)所縁と伝わる源氏橋が架かっています。源氏橋の橋名は平治の乱(1159)で平清盛に敗れた義朝が、東国に敗走する際に、この橋の袂から舟に乗って津屋川を下って行った事に由来しているんだとか。その事をアピールするためか欄干には源氏の家紋である笹竜胆があしらわれています(内側には武門の棟梁である源氏らしく矢の装飾が施されている)。

【源氏橋】
大正4(1915)年竣工
石桁橋
近代土木遺産Bランク

地図


[源氏橋(岐阜県養老郡養老町)]の続きを読む
小倉谷隧道01
小倉谷隧道 関ヶ原側坑口

岐阜県道56号線(南濃関ヶ原線)の旧道が、養老町の天井川である小倉谷川を潜るために建設されたのが小倉谷隧道です。昭和54(1979)年に上流側に小倉橋を含むバイパス道路が開通したことから、小倉谷隧道は幹線としての役割を終え、現在は小倉地区界隈の生活道路、もしくは県道225号線(小倉鳥江大垣線)へのアクセス道路として活用されています。

【小倉谷隧道】
大正12(1923)年竣工
延長18.3m、幅員4.0m、高さ4.2m (制限高3.5m)

地図


[小倉谷隧道と養老駅舎]の続きを読む
由良谷川隧道01
由良谷川隧道 水口側坑口
(平成27年12月13日撮影)

約10年ぶりに滋賀県の天井川隧道群を訪ねてみると、多少の変化がみられたので以下に報告します。まず旧東海道の由良谷川隧道は、橋の新設工事のため車両通行止(H26.12/8~H28.3/31)になっていました。


[由良谷川隧道と大沙川隧道(滋賀県湖南市)]の続きを読む
国道365号線の隧道跡01
時隧道南口跡地

今回はかつて国道365号線(石川県加賀市~三重県四日市市)に存在した3ヶ所の隧道(跡地)についてご紹介します。
まずは岐阜県大垣市上石津地区にあった時隧道から。隧道名になっている「時」とは時隧道が所在していた岐阜県養老郡時村のことで、昭和30(1955)年に合併により上石津村(後に上石津町)の一部になりました。空中写真を見比べてみると、隧道が撤去され切通しになったのは昭和53(1978)年頃のようです。

【時隧道】
昭和28(1953)年竣工
延長21.6m、幅員4.2m、高さ3.9m
昭和53年(1978)年撤去


[国道365号線の開削隧道群]の続きを読む
豊浜の切通し01
知多郡豊濱河和間郡道改修工事中之光景

愛知県知多郡における「郡道」の改修工事を写した戦前絵葉書について、現状を確認してきました。撮影時期は不明ですが、郡道制度は大正12(1923)年に郡役所と共に廃止されていることから、大正時代に発行されたものと考えられます。


[愛知県道280号線・豊浜の切通し]の続きを読む