三坂峠85
三坂峠周辺地図

松山河川国道事務所の発表によると、三坂道路の開通(平成24年3月17日)によって実質的に旧道化していた三坂峠の現道区間9.2kmが、本年(平成27年)4月1日に国交省から愛媛県へ移管となった事に伴って、路線名が従来の国道33号線から国道440号線に変更されたとの事。元々、国道440号線の起点は松山市だったのですが、久万高原町にある柳谷大橋交差点以北は完全に国道33号線と重複していた為、久万高原町~松山市にかけては「440号」の路線名が表に出る事はありませんでした。今回、三坂峠においては国道33号線だけが三坂道路に移った為、現道(旧道)の方に単独区間として国道440号線が現れた訳です。(参考PDF

平成28年3月に確認してきました。


[国道440号線・三坂峠]の続きを読む
スポンサーサイト
鯛01
愛媛県産 養殖真鯛(1,980円)

今日は先日合格してた試験の合格祝いとかで、嫁が塩焼きにした愛媛県産の真鯛(養殖)を買ってきてくれてました。祝鯛なんて次女のお食い初め以来4年ぶりです。比較してみると、やはり業者が焼いてくれた方が綺麗に焼けていて味も美味かったです。そもそも家ではグリルに入らないし…。うちの家族は愛媛県出身だけあって、みんな大の魚好き。この鯛は奪い合うようにしてなくなりました。


[鯛]の続きを読む
愛媛への道28
上り線が渋滞中の東名阪道
(鈴鹿IC~亀山JCT)

月初めの帰省で松山に残してきた妻子を8/16(日)~20(木)にかけて迎えに行ってきたので、今回も来年の為にコースタイムを記録しとく事にします。16日はお盆の最終日とあって上り線では各所で渋滞が見られましたが、下り線の方は名神高速・大津IC付近で故障車による5kmの渋滞に遭遇しただけです。通行料金は八王子IC~松山ICの11,150円(通常15,400円)と瀬戸中央道の1,950円(通常4,220円)で計13,100円でした。

八王子IC【11:40】→海老名JCT【12:07】→御殿場JCT【12:38】→藤枝PA【10分休憩】→浜松いなさJCT【14:03】→三ヶ日JCT渋滞1km→豊田JCT【14:47】→四日市JCT【15:15】→亀山JCT【15:30】→甲南PA【10分休憩】→草津JCT【16:05】→瀬田東JCT渋滞5km→吹田JCT【16:48】→龍野西SA【10分休憩】→瀬戸大橋【18:53】→松山IC【20:30】


[愛媛への道@2015年夏(後期)]の続きを読む
甲子園ラーメン01

前回の帰省から嫁を松山(及び八幡浜)に帰しているので、この間の食事は外食、コンビニ弁当、カップ麺の繰り返しです。その中で今日は甲子園の名前を冠したカップ麺(エースコック)を見付けました。カレーやきそばは共に甲子園球場で屈指の人気メニューだそうです。甲子園に縁のない高校に通っていた私は甲子園には行った事はないし、実物を食べた事もないけど再現カップ麺は美味かったと思います。


[甲子園カレーラーメンとやきそば]の続きを読む
曼陀トンネル01
曼陀隧道(観音寺側坑口)と料金所跡

香川・徳島県道8号線(観音寺佐野線)が県境を貫いている曼陀隧道の北口には、当隧道が有料道路だった時代の料金所が無料開放から40年が経過した現在も残っています。
曼陀隧道は香川・徳島両県を跨ぐ車道を確保する事に加え、昭和36(1961)年に開業した五郷渓温泉(現在は閉鎖)の観光客誘致を目的として、昭和38(1963)年に香川県道路公社が管理する有料道路して開通していました。しかし利用客は振るわなかったらしく、開通から12年後の昭和50(1975)年には経営不振を理由に両県に譲渡され県道8号線として無料開放され現在に至っています。


[曼陀トンネル有料道路の料金所跡]の続きを読む
奥多摩有料道路01
旧川野料金所跡
(平成23年2月23日撮影)

何気なくwikiの「奥多摩周遊道路」の頁を読んでると、同道路の起点と終点にあった有料道路時代(昭和47年開通・平成2年無料開放)の料金所が3年も前(平成24年3月)に撤去されていた事を知りました。料金所のすぐ手前(こことかこことかここ)までは両側共に何度も行ってたので、奥多摩周遊道路を3年も通ってなかった事に意外な気がしましたが、約20kmもある山岳道路だから観光目的以外には通り抜ける価値が乏しいんだろうな。昭和52(1977)年の道路地図を確認してみると当時の通行料金は「普通車500円、小型乗用300円、小型貨物300円、軽自動車200円、自動二輪100円」でした。


[奥多摩有料道路の料金所跡]の続きを読む
鞆01
鞆の浦歴史民俗資料館(鞆城跡)から見た鞆の浦

帰省に同行した同僚の行きたいスポットの中に「大和ミュージアム」(広島県呉市)と共に、同じ広島県内の「鞆」(広島県福山市)があったそうです。鞆は数年前に「鞆の浦埋立て架橋計画問題」で全国的に話題になっていたので、道路趣味者の私としても多少なりとも興味を誘われていた為、この機会に現地に行ってみる事にしたのでした。


[鞆の浦]の続きを読む
川尻トンネル01
川尻トンネルを通過する広行普通列車

昨年、日本一短い鉄道トンネルと言われていた吾妻線の樽沢トンネル(L=7.2m)が八ッ場ダム建設に伴う新線への付け替えによって廃止されました。これによって新たな日本一短い鉄道トンネルに繰り上がったトンネルを気にしていたところ、呉線の川尻トンネル(L=8.7m)らしいと知ったので今年の帰省時に大和ミュージアムへ行くついでに様子を見てきた次第。


[呉線・川尻トンネル]の続きを読む
鯛めし01
愛南鯛めし御膳(1,890円)

愛南町の紫電改展示館を出るとちょうど昼食時になった為、7年ぶりに愛南町内の「黒潮海閤」に行ってみる事にしました。ここは海鮮だけでなくステーキやフォアグラを使ったコース料理もやってますが、せっかく東京から来たので町名を冠した愛南鯛めし御膳を注文。メニューの隣に並んでいた「愛南鯛さつま御膳(1,890円)」にも惹かれたけど、さつまは昨夜自宅で食べたから今日は鯛めしで。


[南予の鯛めし]の続きを読む
紫電改01
紫電改

下灘駅からは長浜大橋→伊方原発→大洲城と巡って愛南町の南レク公園へ。
同公園内に併設されている紫電改展示館(入場無料)には、昭和20(1945)年7月24日に行われた豊後水道上空における米軍機と戦闘の末、愛南町内の久良湾に不時着、水没した紫電改が展示されています。なお、久良湾から紫電改が引き揚げられたのは水没から30年以上が経過した昭和54(1979)年7月の事です。私は戦闘機とか戦艦には一切興味がないですが、同行した同僚の語るところによると、国内に現存している紫電改はこの1機しかなく大変貴重な物なんだとか。取り敢えず私はここで「紫電改せんべい」なる銘菓をお土産に買っときました。

地図


[紫電改と櫻花]の続きを読む