まんパク15
まんパク

今年も「まんパク」の季節が到来。このイベントを私はあまり好きではないけど、「いちごけずり」が食べたいと言う長女の希望に応えて渋々行って来たのでした。平日の夜だったけど割と混雑してましたよ。


[まんパク@2015]の続きを読む
スポンサーサイト
奥道後ロープウェイ01
杉立山より松山市街展望
(奥道後ロープウェイの「ゆうなぎ号」)

愛媛県松山市の奥座敷と言われる奥道後温泉からは、かつては松山市街を一望できる杉立山(松山市杉立町)に向けて観光ロープウェイ(奥道後ロープウェイ)が営業していました。奥道後ロープウェイは奥道後の観光開発の一つとして昭和39(1964)年にホテル奥道後が開業、バブル期には多くの観光客で賑わいましたが、近年では社会情勢の変化と奥道後の観光産業が衰退した事に伴い乗客は激減し、遂に平成21(2009)年12月からは運行休止となり現在に至っています。



[奥道後ロープウェイと錦晴殿跡]の続きを読む
ブッチャー01
ブッチャーのメニュー

伊豆の国市の大仁橋に向かっている途中、ちょうど昼飯どきに田方郡函南町内にて良さそうな二郎系ラーメンの看板を見掛けたので、誘われるように入店しました。


[らーめんブッチャー]の続きを読む
大仁橋01
大仁橋ト水晶山
(三代目・大仁橋)

今回の記事では上記絵葉書の現状を確認します。「大仁橋」と「水晶山」のキーワードで検索した結果、撮影地は静岡県田方郡大仁町(現・伊豆の国市)の大仁橋だと分かりました。

地図


[旧静岡県道80号線・大仁橋]の続きを読む
横濱家04
ねぎラーメン(840円)+大盛(100円)+揚げニンニク(50円)

今日は嫁が夕方から学校の保護者会とかで、私が子ども達を連れて夕飯に行ってきました。立川界隈で子連れでも気兼ねせずに行けるラーメン屋と言えば、テーブル席が充実している横濱家来来亭ぐらいしか思い浮かばず、今夜は立川から近い横濱家の方を選択したのでした。肉体疲労時にはトッピングの揚げニンニクと、テーブル上に置かれている無料トッピングのニンニクがオススメ。


[究極ラーメン 横濱家]の続きを読む
ニジマス01
ニジマスを釣る次女

今日は次女の釣りデビュー。職場の先輩に勧められた多摩川養殖つり堀場(羽村市)に行って来ました。東京に住んでるとは言え、次女も愛媛県民なんだから釣りぐらいは経験させておかないとな。


[多摩川養殖つり堀場]の続きを読む
八箇峠道路01
八箇峠道路

国道253号線の南魚沼市~十日町市境に位置する八箇峠は、豪雪地帯であることに加え急坂と急カーブが連続している事から特に冬期間は著しい交通の支障をきたしています。これを解消する為に平成12(2000)年度から地域高規格道路・上越魚沼地域振興快速道路(上沼道)の一部である八箇峠道路が着工しました。平成24(2012)年に建設中の八箇峠トンネル内で爆発事故が発生するという不幸に見舞われましたが、平成26(2014)年には同トンネルは貫通に漕ぎ着けられ、八箇峠道路の全通は平成29(2017)年度の予定です。
なお、八箇峠には昭和43(1968)年開通の現・八箇トンネルの他に、明治時代に開通した初代・八箇隧道も存在しています。


[国道253号線・八箇峠道路]の続きを読む
玉川屋01
天ざる(1,460円)+大盛(230円)

昨日(5/13)は職場の同僚と「ちわき」に川魚を食べに行ったのですが、残念ながら定休日(水曜日)だった為、現地(青梅~奥多摩境付近)でスマホ検索して「玉川屋」なる良さそうな店を見付けました。急遽のリカバリだったけど、蕎麦を始めとする料理は美味いし、茅葺屋根の店舗は雰囲気も良くてナカナカの名店でした。


[手打そば「玉川屋」]の続きを読む
逢坂山トンネル01
京津電車 逢坂山隧道口
(戦前絵葉書より)

京阪京津線の逢坂山トンネル(大谷~上栄町)は大正元(1912)年の開通。大谷側の坑門は上部を旧東海道(昭和8年までは国道1号線)が通っている事から、跨線橋と一体になった珍しい構造をしています。


[京阪電鉄京津線・逢坂山トンネル]の続きを読む
柿ノ木駅01
柿ノ木駅周辺地図

本年のダイヤ改正時(3/14)に只見線(会津若松駅~小出駅)では、2年前に廃駅となった田子倉駅(大白川駅の東隣)に続いて柿ノ木駅(大白川駅の西隣)が廃止となりました。
新潟県側の只見線は昭和17(1942)年に小出駅から県境手前の大白川駅までの26.0kmが開業していますが、只見線の開業当初には柿ノ木駅はまだ無く、9年後の昭和26(1951)年に藪神駅、魚沼田中駅、上条駅と共に仮乗降場として開設されました。これらの仮乗降場は同年中に早くも駅に昇格していますが、なぜか柿ノ木だけは仮乗降場のまま据え置かれ、ようやく駅昇格を果たすのは国鉄が民営化される昭和62(1987)年の事です。


[只見線・柿ノ木駅跡]の続きを読む