横田トンネル01
箱根ケ崎駅周辺(カーナビ地図)

瑞穂町の「蕎麦屋むらやま」へ行く際にカーナビをセットしていると付近の八高線上(東福生~箱根ヶ崎)にトンネル記号を発見。こんな平地(旧国道16号線傍)にトンネルなんかあったんかいな?と疑問に思ったので、ちょっくら現地確認に行ってきました。


[八高線・横田トンネル]の続きを読む
スポンサーサイト
むらやま01
手打そば「むらやま」

今日は職場の実質的な仕事納めだったので、年越しにと職場の同僚と蕎麦屋の「むらやま」(瑞穂町)へ行ってきました。ここはうちの上司が発見して以来惚れ込んでいる店です(当人は転勤でいなくなったけど)。私は四国人なので蕎麦について語れるほどの知識は持ち合わせていませんが、本当に美味いのは確かで誰を連れて行っても好評を博す名店中の名店だと思います。
瑞穂町に行ける範囲に住んでいる人はぜひ一度お試しあれ。ちなみに初めての人には「とろろそば」がオススメですよ。
以下に私がこれまでに体験した蕎麦を自分のメモを兼ねて列記しときます。

再訪しました。

食べログ
地図

[手打そば「むらやま」]の続きを読む
南武線連続立体交差事業01
南武線連続立体交差事業

平成9(1997)年から高架化工事が行われていた南武線の南多摩~矢野口付近(L=4.3km)の高架化が12月23日(月)に完成しました。これにより当該区間にあった府中街道、鶴川街道を始めとする踏切15ヶ所が解消されたとの事です。今回の記事では平成23年10月の南多摩~矢野口間の様子を紹介します。

【南武線連続立体交差事業】
平成9年1月:着工
平成17年10月:矢野口付近の高架化が完成
平成23年12月:南多摩~稲城長沼付近の下り線(立川行き)が高架化
平成25年12月:南多摩~稲城長沼付近の上り線(川崎行き)が高架化


[南武線連続立体交差事業]の続きを読む
立山カルデラ23
鬼ヶ城連絡所と鬼ヶ城スイッチバック

2回3段の鬼ヶ城スイッチバックの入口にある鬼ヶ城連絡所。ここでは作業員を乗せた列車(千寿ヶ原方面行)と行き違います。鬼ヶ城付近の常願寺川では大規模な砂防工事が実施中であり、その為か全連絡所の中で一番活気が感じられました。


[立山砂防軌道(中編)]の続きを読む
立山カルデラ01
立山砂防工事専用軌道
(立山カルデラ砂防博物館発行の絵葉書より)

9月25日(水)に立山カルデラ砂防体験学習会のトロッココースに参加してきました。
上記学習会は立山カルデラにおける砂防事業への理解を深める為に立山カルデラ砂防博物館が開催しているもので、専用軌道のトロッコ列車とバスを乗り継いで一般人の立ち入りが禁止されている立山カルデラ内を見学する事が出来ます。
毎年7月から10月にかけて参加者を募集していますが、40名or80名の定員に対し概ね2倍~5倍程度の人気があり、私は昨年、一昨年と4回ずつ応募するも全て落選し、挑戦3年目の今年になってようやく当選の運びとなりました。
しかしながらこの学習会は当選したとしても必ず開催される訳ではなく、砂防だけに悪天候が予想されると中止になってしまうので実施率は僅か6~7割程度なのです。私が当初、当選していた7月3日分(倍率2.6倍)は「曇時々雨、降水確率40%」という天気予報であっけなく中止となり、失意のうちにダメ元で再チャレンジしてゲットできたのが9月25日分(倍率3.5倍)という訳です。

公式サイト:立山カルデラ砂防体験学習会
Wikipedia:国土交通省立山砂防工事専用軌道


[立山砂防軌道(前編)]の続きを読む
昇仙峡の隧道群01
昇仙峡周辺地図

山梨県道7号線(甲府昇仙峡線)は、甲府市街と昇仙峡を結ぶ県内でも有数の観光路線です。
昭和47(1972)年に昇仙峡の渓谷に沿った狭路(通称:馬車道)を迂回する御岳昇仙峡有料道路(グリーンライン、平成9年無料化)が開通。これに併せて昇仙峡の上流側の県道7号線も全線2車線道路に整備されました。
全国隧道リストによれば、従来からの車道を拡幅改修した竹日向町~高成町間には、昭和10年に竣工した5つの隧道が存在していた事になっており、現行の地図上でも同区間内には5つのトンネル記号を確認する事ができます。果たしてこれらの隧道は現存しているのだろうか?という疑問を解消すべく、紅葉狩りのついでに探索してきました。


[旧山梨県道7号線・昇仙峡の廃隧道]の続きを読む