帯那隧道00
帯那隧道地図

山梨県道409号線(四尾連湖公園線)の新帯那トンネルには、「新」トンネルの名が示す通り並行する位置に旧隧道があります。この隧道は平成17年8月に探索した事があって、当時は新帯那トンネル北側に梨木沢バイパスを建設していました(翌月の平成17年9月27日に開通したらしい)。
このバイパスの開通によって新帯那トンネル北口の取付道路に変化が見られたので、平成17年8月と24年2月の比較写真によって紹介します。

地図


[旧山梨県道409号線・帯那隧道]の続きを読む
スポンサーサイト
駒ヶ滝隧道30
二瀬ダム交差点

後編は国道140号線から県道278号線(秩父多摩甲斐国立公園三峰線)が分かれる二瀬ダム交差点からスタート。
秩父湖大橋が開通する前の県道278号は、現在は国道140号との丁字路になってる突き当りを真っ直ぐ駒ヶ滝隧道の横坑に突入し、隧道内で本坑に接続していました。すなわち隧道内分岐であります。


[旧国道140号線・駒ヶ滝隧道(後編)]の続きを読む
駒ヶ滝隧道01
駒ヶ滝隧道地図

二瀬ダム(秩父市大滝)傍の国道140号線にあった駒ヶ滝隧道が、今年の夏に新道(秩父湖大橋)の開通により封鎖されていたという事を最近になってネットニュースの過去ログ等で知ったので、遅ればせながら11月19日に廃止前との定点撮影に行ってきました。


[旧国道140号線・駒ヶ滝隧道(前編)]の続きを読む
立川防災館01
立川防災館

今日は子どもを連れて立川市役所傍の立川防災館へ行ってきました。

地図


[立川防災館]の続きを読む
八王子煉瓦01
昭和22年発行「八王子」(1:50000地形図)

八王子市街の旧版地形図と現行の地図を見比べると、横浜線から分岐して市内北野町に至る短い鉄道線が消失しているのが目に付きます。ネットで検索してみたところ、これは当時八王子で営業していた「八王子煉瓦製造㈱」の専用線だったとの事です。この専用線の正確な開業年等は今の所判明していませんが、八王子煉瓦製造は昭和7(1932)年に火災により廃業したそうなので、同社の専用線も同時期に廃止されたものと思われます。


[八王子煉瓦製造㈱専用線跡の橋台]の続きを読む
五日市鉄道26
拝島駅から西側(武蔵五日市方面)を見る

前回は五日市鉄道の内、昭和5(1930)年に開業したものの、僅か14年で戦時中の不要不急線として廃止された立川~拝島間を紹介しました。
今回は五日市線として残った拝島以西の現役区間と、昭和57年に廃止になった同線の末端部だった武蔵五日市~武蔵岩井間の廃線跡をご紹介。


[五日市線廃線跡【岩井支線】]の続きを読む
五日市鉄道01
立川駅北口

都合により10月末に八王子から立川へ引越しました。
それに伴う諸手続きも漸く落ち着いてきたので新たな最寄駅となった立川駅から拝島駅までの廃線、五日市鉄道跡を歩いてみました。正直言って何が残っている訳でもなく、歩いて面白い廃線跡でもないので淡々と紹介していきたいと思います。


五日市鉄道02

立川駅からは中央線の他に南武線と青梅線が乗り入れている他、多摩地区を南北に縦断する多摩都市モノレールが交差している交通の要所です。戦前にはさらにもう一本、青梅線の南側に昭和5(1930)年に開業した五日市鉄道(現在の五日市線の一部)の路線が拝島駅までを結んでいましたが、青梅線と完全に並行していたことから昭和19年の国有化に際して不要不急線として廃線になりました。なお、立川寄りのごく一部の区間(立川~武蔵上ノ原間)は青梅短絡線の一部として現存しています。


[五日市鉄道廃線跡【立川~拝島】]の続きを読む