江ノ電地図

先週の土曜日(H23.5/14)に家族を連れて湘南観光がてら江ノ島電鉄の江ノ島~腰越間にある併用軌道区間(旧国道134号線)を見に行ってきました。


[江ノ島電鉄【江ノ島~腰越】]の続きを読む
スポンサーサイト
福島県道382号線【平豊間地図】01

県道382号線(豊間四倉線)は震災以後通行止めになっている「富神崎の切通し」を過ぎると平沼ノ内へと差し掛かります。沼ノ内集落内では豊間以来、久しぶりに県道の幅員が著しく狭まり約900mが離合困難区間となっている為、青看等の案内でも同区間は県道15号線(小名浜四倉線)へ迂回することを推奨していました。
なお、沼ノ内は豊間、薄磯と比べると津波の被害は僅少だったようで家屋の損壊は殆ど見られず、県道沿いに時折瓦礫が積まれている程度でした。


[福島県道382号線③【平沼ノ内】]の続きを読む
福島県道382号線【平豊間地図】01

平薄磯地区内の県道382号線は昭和50年の空中写真では既に現在の形に整備されているのが確認できます。本来は県道レポとして紹介するほど特徴ある区間ではないですが、平薄磯はいわき市の中でも最も大きな津波被害を受け、県道382号線も寸断されてしまいました。

※現在は平薄磯でも瓦礫の撤去作業が始まっており、一般人の立ち入りは難しくなっているようです。


[福島県道382号線②【平薄磯】]の続きを読む
福島県道382号線【平豊間地図】01

福島県道382号線(豊間四倉線)はいわき市平豊間の県道15号線(小名浜四倉線)から分岐し、海岸沿いに同市四倉地区へと至る全長15.4㎞の一般県道です。
同じ四倉を終点とする県道15号線があくまで実用道路なのに対し、県道382号線の沿線には塩屋埼灯台や、合磯、豊間、薄磯、新舞子などの海水浴場が点在いる為、観光道路としての色彩が強い路線ですが、起点の平豊間から平沼ノ内にかけては地元の生活道路を強引に繋いで県道指定している感が否めないのが現状で、所々に非常に狭い区間が存在しています。


[福島県道382号線①【平豊間】]の続きを読む