呉駅
開業時の呉駅(明治時代)

明治36(1903)年に呉線の海田市~呉間(約20㎞)が開業し、中国地方最大の都市である広島市と軍港呉が鉄道で結ばれました。軍用鉄道の色合いが濃かった呉線は戦前の軍拡に比例して、輸送量が増加の一途を辿ることになり、輸送力を増強する為に昭和10年代には複線化が計画され、12ヶ所あったトンネルには並行する新トンネルが掘削されたりしましたが、太平洋戦争の勃発、戦局の悪化によって完成することなく頓挫しています。
戦後、呉の軍事的重要性が低下した為、複線化計画は進展することなく完成していた9ヶ所の新トンネルも放置されていましたが、昭和45(1970)年の電化に際して新たに2か所の新トンネルを掘削して新線への切り替えが行われ、開業以来のトンネル12ヶ所は全て廃止されました。


[呉線の旧トンネル群①]の続きを読む
スポンサーサイト