奥多摩駅01
本仁田山山頂付近

昨日は会社のクラブ活動(登山部)で奥多摩の本仁田山へ行ってきました。青梅線の奥多摩駅から出発して本仁田山、瘤高山を経て鳩ノ巣駅に至るというコースで全9.4kmの行程です。
なお、スタート地点の奥多摩駅、ゴールの鳩ノ巣駅の木造駅舎は共に近代土木遺産(Cランク)に指定されています。


[青梅線・奥多摩駅、鳩ノ巣駅]の続きを読む
スポンサーサイト
豊多摩監獄表門01
豊多摩監獄表門

中野区を歩いていると何やら重厚な煉瓦構造物を発見しました。
案内板によると、これは明治43(1910)年に着工、大正4(1915)年に竣工した豊多摩監獄(後に中野刑務所に改称)の表門だそうです。中野刑務所は中野区の人口過密が著しくなってきたことから昭和58(1983)年に住民の要望により廃庁となり、この表門だけが記念に文化財として残されることになったそうです。中野刑務所の広大な跡地は分割され平和の森公園、中野水再生センター、法務省矯正研修所などに転用されています。
中野区のサイトによると矯正研修所は近く移転して跡地には小学校が建設されるらしいですが、そうなるとこの表門はどうなるんでしょうか?

地図


[旧豊多摩監獄(中野刑務所)表門]の続きを読む
大歩危トロッコ01
大歩危トロッコにて記念撮影

今年も紅葉の季節になってきました。
去年のちょうど今頃は土讃線の「おおぼけトロッコ」に乗車しました。このトロッコ列車が運行されている阿波池田~大歩危間では土讃線は吉野川を二度鉄橋(第一、第二吉野川橋梁)で横断しており、これら二つの吉野川橋梁は小歩危峡の景勝と合わせておおぼけトロッコの見所の一つになっています。


[おおぼけトロッコに乗ろう]の続きを読む
成宗電気軌道地図

成宗電気軌道は成田山新勝寺と宗吾霊堂との参拝客輸送を目的として明治44(1911)年に全線5.3km(不動尊~宗吾)が複線で開業しました。しかし、鉄道敷設に対する地元の積極的な協力が得られなかった事などもあって利用客は伸び悩み、大正の末頃には全線が単線化され、昭和19年(1944)に戦時中の不要不急線として全線廃止されました。
廃止から60年以上が経ち、また大半の区間が併用軌道であったことから残存する遺構は多くありませんが、二つあったトンネルは市道に転用され往時の姿を留めています。


[成宗電気軌道跡]の続きを読む
下瀬橋01

「(宇和風景) 霧中ノ下瀬橋」と題された一枚の絵葉書。
旧宇和町の国道56号線に交差点名にもなっている同名の橋があるのを知っていたので、この橋の旧橋(下記地図のA地点)だろうと思って定点撮影に向かいました。


[国道56号線・下瀬橋]の続きを読む