すみっコぐらし01
すみっコぐらしの流しそうめん器

平家谷の流しそうめんが忘れられない次女が家庭用流しそうめん器を欲しがった事から、ヤフオクで探してみると次女が大好きな「すみっコぐらし」の流しそうめん器を約1,800円(送料込)で発見。アミューズメント専用景品の非売品でしたが、ぼったくりが横行するゲーセンでは、このような玩具が1,800円以内で取れるとは思えないので良い買い物をしたと思います。


すみっコぐらし03
流しそうめんを喫食する次女



スポンサーサイト
どん兵衛01
どん兵衛 どリッチ 全部のせうどん(311円)

今日はコンビニで4月23日新発売の「どん兵衛 どリッチ 全部のせうどん」を発見したので、全部のせ主義の私としては放っておけず1個買ってみました。これは、どん兵衛(うどん)における3つの具材(おあげ、牛肉、天ぷら)が全部入ったもので、日清食品のカップ麺としては謎肉祭以来のインパクトがある商品です。まあ、ノーマル版と比べて特別美味いという事もなかったけど、こういう試みも面白いんじゃないでしょうか。


[どん兵衛 全部のせ]の続きを読む
素ラーメン01
素ラーメン

今日の昼食には家にあった食材で素ラーメンを作りました。素ラーメンとはうどんのスープに中華麺を入れたラーメンの事で、具材(天かす、カマボコ等)もうどんに準じているのが特徴。鰹出汁ベースのうどんスープと中華麺は相容れない気がしたけど、食べてみると意外にこれが合ってるんですね。
一般に素ラーメンは鳥取市のご当地ラーメンとされていますが、昔は松山市でも新田高校の学食でも供されており(現在の取り扱いは不明)、安価で美味しく食べられる麺料理として全国的なメニューだったのではないでしょうか。


豆苗01
豆苗
(平成30年3月24日撮影)

春休みの初めに長女がモヤシのような豆苗の苗を持って帰ってきました。これがまた花や野菜でなく手間がかからず成長も早い豆苗というところが実に長女らしい。そう言えば私も30年以上も前の幼稚園児の頃、豆苗と似たようなカイワレダイコンを家の中で栽培した事があり、これが中二女子(もうすぐ中三)のやる事なのかと呆れます。


[豆苗]の続きを読む
ふぐ13
和歌山県湯浅町の返礼品「ふぐ5人前セット」
(寄附金20,000円分)

今年2回目のふるさと納税は関東ではあまり売ってないフグを食べたいと思い、数ある返礼品フグの中から金額と量がちょうど良かった和歌山県湯浅町のふぐセット(ふぐ刺し120g、ふぐ鍋800g、ふぐ皮湯引き150g、特製ポン酢)を選択。


[ふるさと納税④]の続きを読む
どん二郎01
どん二郎の準備食材

今日は昨年から話題になっている日清食品の「どん兵衛」を利用して、二郎系ラーメンを再現する「どん二郎」を作ってみました。
用意した食材は、どん兵衛(128円)、キャベツ1/4(88円)、もやし(28円)、チューブのニンニク、そして牛脂です。


[どん二郎]の続きを読む
鰻02
うなぎ蒲焼缶(1,080円)

私は鰻が結構好きなのですが、今年に入ってから「鰻の稚魚が記録的不漁」という内容の記事を目にするようになり現状を心配してます。そんな折にスーパーで浜名湖食品の「うなぎ蒲焼缶」なる缶詰を見掛けたので、物は試しとばかりに一つ買ってみました。

ウナギ稚魚“シラスウナギ”の記録的不漁続く 去年のわずか『0.5%』の漁獲量 愛知

記録的な不漁が続くウナギの稚魚・シラスウナギ。先月の愛知県内の漁獲量は去年のわずか0.5%に留まったことが愛知県への取材でわかりました。
愛知県が取りまとめた先月の県内でのシラスウナギ漁獲量は911グラムで、およそ200キロ獲れた去年の0.5%にとどまりました。
(以下略)


東海テレビ 平成30年2月21日(水)配信記事より

[うなぎ缶]の続きを読む
雪16
立川市役所前バス停
(平成30年1月22日19時頃)

今日は事前の予報通り都内では積雪があり、23区内では4年ぶりとなる大雪警報が発令されたそうです。
四国出身の我が家としては珍しく積もった雪と触れ合いたくて、終業後に次女とバスに乗って市役所前まで出かけたものの、時間の経過とともに凍死するかと思うほど凍えてしまいました。降雪が土日だったら公園とかで子供達とゆっくり雪遊びできたのにな…。


雪17
立川市役所前にて


伊勢海老01
千葉県夷隅郡御宿町の返礼品「ボイル伊勢海老×2」
(寄附金10,000円分)

昨年のふるさと納税は年末に思い立って慌ただしく選択してしまいましたが、今年は限度額を5等分して2~3ヶ月に1回ずつ実施しようと思います。テーマに「自分で金出してまでは買わないもの」と定めて、まずは千葉県勝浦市の北隣に位置する御宿町からボイル伊勢海老2尾を貰いました。


[ふるさと納税③]の続きを読む
おせち01
福岡県八女市の返礼品「千賀屋のおせち」
(寄附金50,000円分×2)

我々の年代の感覚からするとおせちはわざわざ自分で買ってまで食べるものではないし、ネットで注文するとこれ程ひどいものは例外としても値段の割に貧相なものが届いたりする事はよくある話なので、ふるさと納税で貰うぐらいがちょうど良いのではないでしょうか。
年末年始は帰省する事が決まっていた事から、届け先を嫁の実家にしていたところ、12/29(金)の深夜になってふるさと納税の仲介サイトから寄附者(立川市)と届け先(八幡浜市)を逆にして発送してしまった事から、31日(日)までに確実に届くようにする為にもう1個発送した旨の連絡がありました。結果的に八幡浜には31日までに2つのおせちが届いたけど、仲介サイトにはそこまでしなくて良いのにという気がしないでもありません。まあ、クレーマーが全盛期を迎えている昨今では、対応を誤ると会社の命取りにもなりかねないので慎重を期したのかもしれませんが…。
いずれにしても期せずしておせちが二つも届く事になって、今年の正月はちょっとだけ豪華な気分を味わわせて貰いました。
ところで八女市の返礼品が何故おせちなのかと言うと、同市に千賀屋の工場があるかららしいです。


[ふるさと納税②]の続きを読む