FC2ブログ
引越01
引越風景
フォトライブラリーより)

1月末に四国の某県への転勤を言い渡されたため、直ちに引越し業者の手配を始めましたが、報道されているとおり4月1日の便の確保は困難を極め、引越サイトを活用して10社程度に問い合わせてみたものの、長距離便であることもあっていずれも断られてしまいました(そもそも電話が話中ばかりでなかなか繋がらない)。最後の手段として2月末に松山の実家に荷物を送り、4月末に再度引越し先まで荷物を運ぶ事も検討し始めた頃、ただ一社だけ見積もりに来てくれたのはアート引越センター。
同僚の中には「東京~群馬間(約120km)を40万で契約した」とか「大阪~名古屋間(約170km)を39万で契約した」とか、「静岡県東部~横浜間(約100km)で90万円を提示された」(いずれもアート以外の業者)という話も聞いていたので、正直言って価格面で折り合えるとは思っていませんでしたが、提示された金額は許容範囲と考えていた70万円以下だったため迷わず即決。さすがは業界大手、危なく引越難民になるところだったけど助かった。
ちなみに平成25(2013)年10月に八王子から立川まで引っ越した時は、距離が短く繁忙期を外れていたため非常に安く、同程度の荷物で5万8000円でした。

社会問題化する「引っ越し難民」

新年度を前に、希望日に引っ越しできない学生やサラリーマンらを指す。2018年に急増し、社会問題となった。毎年3月に引っ越しが集中するのに対して、引っ越し業界は家具や家電など重い荷物を運ぶ重労働のイメージが強く、慢性的な人手不足に直面している。人手確保のため、引っ越し業界は「働き方改革」の一環で長時間労働を減らしたり受注抑制に取り組んだりしているが、その結果、難民の急増に結びついた。
業者は、従業員を転勤させる企業と結んだ法人契約を優先させるため、個人客が契約できないケースが多い。需給の逼迫(ひっぱく)で料金も上昇する傾向にあり、昨年は国民生活センターに引っ越し料金を巡る相談が相次いだ。


毎日新聞 平成30年2月2日(土)配信記事より


[引越難民]の続きを読む
スポンサーサイト
ふるさと納税01
和歌山県すさみ町の返礼品「海産物珍味セット」
(寄附金13,000円分)

今年最後のふるさと納税は和歌山県すさみ町の海産物珍味セットに決定。これは鮪、鯨、ウツボを加工したもので、いずれも美味い珍味でした。
なお、去年の寄付金は6万円までは大丈夫でしたが、今年は夏から研修によって諸手当がカットされている事から、確実を期して5.3万円に抑えておきました。


[ふるさと納税⑦]の続きを読む
うつぼ01
高知県須崎市の返礼品「うつぼのタタキ」
(寄附金10,000円分)

約8ヶ月ぶりとなる今年3回目のふるさと納税は高知県須崎市に決定。返礼品は「買ってまで食べない物」というコンセプトに従って「海のギャング!うつぼのタタキセット」にしました。これまでは縁もゆかりもない自治体にばかり寄付してたけど、須崎市は国道197号の事実上の起点という事で何度も訪れた事があり、応援したい自治体でもあるのでふるさと納税の趣旨に適っていると言えそうです。


[ふるさと納税⑥]の続きを読む
アサリ01
アサリ

今日は鮮度の良い大ぶりのアサリが安価で手に入りました。これだけの量でたったの500円です。
うちでは普段は嫁がアサリを買ってこないので、調理の仕方が味噌汁ぐらいしか分からず、cookpadで検索して簡単かつ美味そうな酒蒸しを作ってみる事にしました(レシピ)。


[アサリ]の続きを読む
魔女のチーズサンド01
青森県十和田市の返礼品「魔女の生チーズサンド」(12個入)
(寄附金10,000円分)

先日届いた平成30年度における住民税の徴収額決定通知書を確認すると、寄附金税額控除として市民税34,801円、都民税23,201円と記載されていました。この計58,002円を12で割った4,833円が毎月の控除額となるのでしょう。確かに昨年度と比べて住民税が4,600円安くなっており、差額200円は年収の微増分かな。つまり去年ふるさと納税した勝浦市の干物八女市のおせちは無事2,000円の負担で入手に成功した訳です。


魔女のチーズサンド02

そして今月は長女の希望によりテレビで話題という「魔女の生チーズサンド」を選択、今回はふるさと納税の枠は温存しとく事にして通販での購入しました。価格は2,760円+送料1,328円で、総務省が通達した3割程度の範囲内に納まっています(送料を含むと超えるけど)。


すみっコぐらし01
すみっコぐらしの流しそうめん器

平家谷の流しそうめんが忘れられない次女が家庭用流しそうめん器を欲しがった事から、ヤフオクで探してみると次女が大好きな「すみっコぐらし」の流しそうめん器を約1,800円(送料込)で発見。アミューズメント専用景品の非売品でしたが、ぼったくりが横行するゲーセンでは、このような玩具が1,800円以内で取れるとは思えないので良い買い物をしたと思います。


すみっコぐらし03
流しそうめんを喫食する次女



どん兵衛01
どん兵衛 どリッチ 全部のせうどん(311円)

今日はコンビニで4月23日新発売の「どん兵衛 どリッチ 全部のせうどん」を発見したので、全部のせ主義の私としては放っておけず1個買ってみました。これは、どん兵衛(うどん)における3つの具材(おあげ、牛肉、天ぷら)が全部入ったもので、日清食品のカップ麺としては謎肉祭以来のインパクトがある商品です。まあ、ノーマル版と比べて特別美味いという事もなかったけど、こういう試みも面白いんじゃないでしょうか。


[どん兵衛 全部のせ]の続きを読む
素ラーメン01
素ラーメン

今日の昼食には家にあった食材で素ラーメンを作りました。素ラーメンとはうどんのスープに中華麺を入れたラーメンの事で、具材(天かす、カマボコ等)もうどんに準じているのが特徴。鰹出汁ベースのうどんスープと中華麺は相容れない気がしたけど、食べてみると意外にこれが合ってるんですね。
一般に素ラーメンは鳥取市のご当地ラーメンとされていますが、昔は松山市でも新田高校の学食でも供されており(現在の取り扱いは不明)、安価で美味しく食べられる麺料理として全国的なメニューだったのではないでしょうか。


豆苗01
豆苗
(平成30年3月24日撮影)

春休みの初めに長女がモヤシのような豆苗の苗を持って帰ってきました。これがまた花や野菜でなく手間がかからず成長も早い豆苗というところが実に長女らしい。そう言えば私も30年以上も前の幼稚園児の頃、豆苗と似たようなカイワレダイコンを家の中で栽培した事があり、これが中二女子(もうすぐ中三)のやる事なのかと呆れます。


[豆苗]の続きを読む
ふぐ13
和歌山県湯浅町の返礼品「ふぐ5人前セット」
(寄附金20,000円分)

今年2回目のふるさと納税は関東ではあまり売ってないフグを食べたいと思い、数ある返礼品フグの中から金額と量がちょうど良かった和歌山県湯浅町のふぐセット(ふぐ刺し120g、ふぐ鍋800g、ふぐ皮湯引き150g、特製ポン酢)を選択。


[ふるさと納税④]の続きを読む