FC2ブログ
潮江橋05
初代・潮江橋と土佐電の橋梁
(戦前絵葉書より)

高知市内の交通の中心であるはりまや橋から県道34号(桂浜はりまや線)を南下すると、すぐに鏡川に架かる潮江橋(うしおえはし)を渡る事になります。潮江橋が初めて架けられたのは明治36(1903)年、それまでは西隣に位置する天神橋(現・天神大橋)が高知城下と桂浜、浦戸方面を結ぶ主要路でした。3年後の明治39(1903)年には土佐電・桟橋線が開業し、潮江橋の下流側に鉄道専用橋が架設されました。

【初代・潮江橋】
明治36(1903)年竣工
延長132m、幅員4.2m
木鉄混合トラス橋
昭和3(1928)年架替


[高知県道34号線・潮江橋]の続きを読む
スポンサーサイト
葛島橋01
葛島橋と国分川橋梁
(戦前絵葉書より)

高知市西部の国分川に架かる葛島橋(旧国道55号)と国分川橋梁(土佐電)を撮影した絵葉書。葛島橋は大正13(1924)年に、国分川橋梁は明治43(1910)年に開通しています。


[国道195号線・葛島橋]の続きを読む
瀧渡瀬橋01
日野川橋
(本邦道路橋輯覧より)

本邦道路橋輯覧」を見ていると愛媛県上浮穴郡にあった日野川橋(国道380号)と瀧渡瀬橋(県道212号)が写真付きで掲載されているのを発見。地元なので両橋とも現存していない事は知っていたけど、せっかくだから現状との比較写真を撮影してきました。

【日野川橋】
大正13(1924)年竣工
延長14.5m、幅員4.5m
RC桁橋
総工費5,855円
平成12(2000)年架替


[日野川橋と瀧渡瀬橋]の続きを読む
阿波中央橋01
阿波中央橋北詰

コインスナック御所24と鴨島のガストを行き来するために、私が好きな国道318号の阿波中央橋を10年ぶりぐらいに渡りました。
阿波中央橋は吉野川に架かる永久橋としては吉野川橋(国道11号)、穴吹橋(国道193号)、三好橋(国道32号)に次ぐ4番目に完成した橋で、戦後では初となる吉野川への本格的な架橋事業でした。橋名の由来は吉野川橋と穴吹橋の中間地点付近に架かっている事に由来しています(吉野川橋から約20km、穴吹橋から約18km)。戦後の完成なので近代土木遺産等には指定されていませんが、1km近い13連もの長大なワーレントラスは壮観の一言です。

【阿波中央橋】
昭和28(1953)年竣工
延長821m、幅員6m
鋼ワーレントラス橋(13連)


[国道318号線・阿波中央橋]の続きを読む
鹿野川大橋01
二代目・鹿野川大橋

国道197号と旧肱川町役場を結ぶ位置に架かる鹿野川大橋(愛媛県大洲市)は、従来の渡し船に代わって昭和11(1936)年に開通したものです。この初代・鹿野川大橋はRC桁橋で、肱川本流に架設された永久橋としては肱川橋(国道56号)、大川橋(国道197号)、長浜大橋(国道378号)、大和橋(県道28号)と並んで最古の部類に該当しますが、開通から僅か9年後の昭和20(1945)年に発生した枕崎台風によって流失してしまいました。戦後の混乱期が一段落着いた昭和26(1951)年に、橋台等の一部を再利用して吊橋として再建され、昭和53(1978)年に少し上流に現在の橋が開通するまで利用されました。

【二代目・鹿野川大橋】
昭和26(1951)年竣工
延長101m、幅員3.0m
吊橋
昭和53(1978)年架替


[愛媛県道55号線・鹿野川大橋]の続きを読む
新橋01
明治から大正にかけての新橋
(戦前絵葉書より)

日本における鉄道発祥の地(明治5年9月、横浜~新橋間開業)である新橋の地名は、汐留川に架かっていた新橋に由来しています。江戸時代から明治時代にかけての新橋は木橋や土橋でしたが、明治32(1899)年に近代的な鋼アーチ橋(上路)が完成しました。同年には新橋の北詰に帝国博品館勧工場(写真左)とエビス・ビアホール(写真右)が開業しており、明治維新の文明開化ほどではないにせよ、新橋地区にとっては画期的な年であったに違いありません。


[国道15号線・新橋跡]の続きを読む
小袋谷跨線橋02
【A地点】 大船工場専用線の踏切跡
(平成25年2月16日撮影)

富士見町駅(湘南モノレール)からモノレール下の市道(昭和6(1931)年に開通した旧・京浜急行有料道路)を小袋谷跨線橋に向けて歩くと踏切の跡があります。これは列車の点検や修理が行われていたJR大船工場への専用のもので、平成18(2006)年3月に大船工場の閉鎖に伴って廃線になりました。


[小袋谷跨線橋(神奈川県鎌倉市)]の続きを読む
天神橋01
初代・天神橋
(戦前絵葉書より)

藩政時代に高知城から真如寺等の寺社への参道として架設された天神橋は、大正14(1926)年に初めて車両が通れる永久橋(初代・天神橋)に架け替えられました。その後は昭和33(1958)年の架け替えを経て、九反田橋(昭和39年竣工、L=152m)と対になる環状道路の一環として現在の橋(三代目・天神橋、L=145m)が完成したのは昭和61(1986)年の事です。


[天神橋(高知県高知市)]の続きを読む
奈半利川橋01
奈半利川橋
(戦前絵葉書より)

ネットショップで見付けた奈半利川橋というタイトルの絵葉書。
写っているのがトラス橋だったので魚梁瀬森林鉄道の奈半利川橋梁かと思いましたが、よく考えると林鉄の奈半利川橋梁は3連のトラス橋であり、この橋は国道55号の旧奈半利川橋である事が判明したのでした。

【(旧)奈半利川橋】
昭和7(1932)年竣工
延長167.9m、幅員4.5m
下路トラス橋+プレートガーダー橋
昭和42(1967)年廃止


[旧国道55号線・奈半利川橋]の続きを読む
安田川橋01
初代の安田川橋
(戦前絵葉書より)

安田川の河口付近に架かる安田橋川(高知県安芸郡安田町)は大正14(1925)年に完成しました。昭和45(1970)年10月に下流側にバイパスの一部として安田川大橋(L=200m)が架けられています。そして初代の安田橋川は旧道落ち(国道55号→町道不動安田線)から間もなく架け替え工事が始まり、昭和47(1972)年には親柱2基を残して姿を消しました。
安田川橋の左岸側には明治44(1911)年から昭和37(1962)年頃まで魚梁瀬森林鉄道が通っており、絵葉書にも安田川橋を渡った対岸に林鉄の路盤らしき段差が写っています。

【安田川橋】
大正14(1925)年12月竣工
延長134m、幅員-m
RC桁橋
昭和47(1972)年架替


[旧国道55号線・安田川橋]の続きを読む