FC2ブログ
多摩都市モノレール01

多摩都市モノレールは都内の多摩センター(多摩市)と上北台(東大和市)を結んでいる16.0kmの路線です。両端の駅には共に延伸構想があり、特に北側の上北台~箱根ヶ崎間(L=6.7km)は導入空間の大半を占める新青梅街道(都道5号・新宿青梅線)の拡幅工事が始まっており、延伸の実現に向けて着実に歩みを進めています。


[多摩都市モノレール【上北台~箱根ヶ崎】]の続きを読む
スポンサーサイト
宮崎リニア01
宮崎リニア実験線を走行中のMLU002
(日向市美々津町)

現在、山梨県大月市では将来の中央新幹線の一部としてリニア実験線が敷設され、開業に向けて最終的な走行実験が実施中ですが、山梨リニア実験線以前には宮崎県の日向市から都農町にかけて全長7.0kmのリニア実験線がありました。
宮崎リニア実験線の完成は昭和54(1979)年に全線が完成。平成7(1995)年にMLU002Nが有人運転での最高速度となる411km/hを達成した後、役割を山梨実験線に引き継ぐ形で平成8(1996)年にリニアの走行実験を終了しています。実験終了後の宮崎実験線は一時的にエアロトレインの実験に使用され、現在では太陽光パネルの設置場所として活用されているそうです。
私は中学生の頃(平成5年~7年)に宮崎実験線の実験センターを訪れた事があるのですが、まだ走行試験が行われていた時期であるにも関わらずセンターは閉館しており、しかも階段に大便が落ちてたりしていたので、既に潰れているものと勘違いしてました。


[宮崎リニア実験線]の続きを読む
大田原トンネル01
東野鉄道の路線図

この3連休では職場での那須旅行があったので、この間に10分だけ時間を貰って東野鉄道の大田原トンネル(栃木県大田原市)を見てきました。
東野鉄道は国鉄・西那須野駅を起点に大正7(1918)年に黒羽まで開業し、同13(1924)年には那珂川沿いに那須小川まで延伸開業しています。しかし、全通から僅か15年後の昭和14(1939)年に人口希薄地帯の黒羽~那須小川間が廃止となり、比較的沿線人口が多かった西那須野~黒羽間も昭和43(1968)年に廃止となっています。
廃線跡地は大部分が道路に転用されている他、所々に東野鉄道を記念する目的でモニュメント的な公園なんかも整備されているようです。


[東野鉄道跡・大田原トンネル]の続きを読む
琴電市内線01
高松駅前を走行する路面電車

現在、四国内には愛媛県松山市(伊予鉄)と高知県高知市(土佐電)に路面電車がありますが、戦前までは香川県高松市でも高松琴平電鉄によって路面電車が運行されていました。


[高松琴平電鉄・市内線跡]の続きを読む
静岡市内線01
【A地点】 金座町から安西方面を見る
(戦前絵葉書より)

かつての静岡市内には静岡駅前から安西地区まで静岡鉄道・静岡市内線という総延長2kmばかりの路面電車が通っていました。まず静鉄・静岡清水線の延伸区間として大正11(1922)年に新静岡~静岡駅前間が開業し、その後は何度か延伸開業して昭和4(1929)年には静岡駅前~安西間が全通しています。
戦後になると自動車の普及に伴い業績が悪化し、渋滞の原因と目されるようにもなった事から、昭和37(1962)年に全区間が廃止となりました。


[静岡鉄道・静岡市内線跡]の続きを読む
咥内坂トンネル01
咥内坂トンネル
(戦前絵葉書より)

はりまや橋を中心とした高知平野に路線を有する土佐電にはトンネルは存在しませんが、かつては安芸線に手結山トンネル(昭和5年開通)と伊野線に咥内坂トンネル(明治41年開通)がありました。前者は昭和49(1974)年に安芸線が廃線になった後にはサイクリングロード(県道501号・高知安芸自転車道線)に転用されて現存しており、後者は伊野線に並行する国道33号の改築工事によって昭和35(1960)年に取り壊されています。


[土佐電気鉄道・咥内坂トンネル跡]の続きを読む
予讃線01
第二粟井坂トンネル松山側坑口跡

予讃線の光陽台駅~堀江駅間には、掘削中の崩落事故が原因で未完成のまま廃棄に至った粟井坂南口トンネル(第二粟井坂トンネル)が存在しており、4年ほど前に当ブログでも記事にしています。
結果的に現地には粟井坂南口トンネルの遺構は皆無であったので、両坑口の疑定地を紹介するだけで終わってしまいましたが、予讃線工事概要(伊予西条~松山間)に、粟井坂南口トンネルの導坑を写した写真を発見したため、少なくとも松山側坑口については疑定地が正しかった事が証明できました。

第二粟井坂隧道附近線路変更箇所

小屋ノ後方ニ見ユルハ舊線路ニテ左方丘角ノ方形黒点ハ第二粟井坂隧道導坑口ナリ本隧道ハ施工中再度ノ豪雨ニ遭ヒ上部地表ニ大亀裂ヲ生ジ坑内ニモ崩壊ヲ来セリ之ガ為メ松山線ノ全通期ヲ眼前ニ控ヘ海中ニ護岸石垣ヲ築造シ之ニ沿ヒ線路及道路ヲ付換ヘタル所ナリ



[予讃線・松山駅~伊予西条駅間]の続きを読む
伊予大洲01
愛媛鉄道時代の大洲駅
(戦前絵葉書より)

今年(平成30年/2018年)は愛媛鉄道の大洲~長浜町間が開業してから100年目という事で、国有化によって予讃線に編入された旧愛媛鉄道の該当区間(伊予大洲~伊予長浜間)の各所には、ささやかながら100周年を記念する看板が掲げられていました。


[内子線旧線跡【伊予大洲~新谷】]の続きを読む
鈴木弁当店01
醤油めし(左)と汽車弁当(右)
(平成20年3月9日撮影)

今日、Yahoo!のニュースを見ていると「松山駅から駅弁消える」という見出しを発見。松山駅ってあの松山駅?と気になって記事を開いてみると、やはり我が地元の松山駅の話でした。
確かに松山市では明治時代から現在に至るまで伊予鉄の松山市駅が中心駅として不動の地位を築いており、長距離の都市間輸送を専門にしている感があるJR松山駅の利用客は多くありませんが、50万都市の市名を冠したJR駅に駅弁もないようではちょっと恥ずかしい気がします。また、車内で食事を摂らざるを得ない場合が多い都市間輸送がメインなだけに、駅弁がないのは集客にもマイナス要因になってしまうのではないでしょうか。

駅弁「醤油めし」の製造元(有)鈴木弁当店が弁護士一任、松山駅から駅弁消える

(有)鈴木弁当店は4月2日までに事業を停止し、事後処理を菊池潤弁護士に一任した。
負債は現在調査中。
明治3年創業の料亭を前身とする老舗弁当製造業者。昭和13年から国鉄(当時)松山駅構内で駅弁の販売し、35年に発売した「醤油めし」は、同駅を利用する旅行客などに長年にわたって親しまれていた。また、幕の内弁当、鯛めしをはじめ数々の商品を製造し、松山へ寄港する船内の売店や自社店舗でも販売していた。
(中略)
これによりJR松山駅の駅弁はなくなることとなる。


東京商工リサーチ 平成30年4月4日(水)配信記事より


[松山駅の駅弁(鈴木弁当店)]の続きを読む
かぼちゃの馬車01
沼部駅を発車する蒲田行き列車

沼部駅へ行った時に東急多摩川線の列車を撮るために適当な撮影地を探していると、今年に入ってから世間を騒がせているかぼちゃの馬車の物件を発見。
詳細はどこかのまとめサイトでも見ていただくとして、本件については騙す方が悪いのは言うまでもありませんが、今時こんな手法で簡単に騙される方もどうよって気がする。昔から言われている事だけど、コンビニのフランチャイズと賃貸のサブリースは詐欺的契約の王道ですよ。このご時世、うまい話などそうそう転がっていません。


[かぼちゃの馬車]の続きを読む