島々駅01
新島々駅に停車中の電車

現在、松本電鉄上高地線の終着駅になっている新島々駅(長野県松本市)は大正11(1924)年に淵東駅~島々駅間の途中駅として開業しています。当時は上高地側(西側)にさらに1.3km進んだ島々駅が終着駅であり、その一つ手前に位置する新島々駅は駅が所在する地名を取って赤松駅と名乗っていました。
島々駅は開業以来、乗鞍・上高地方面へのバスとの連絡駅として繁栄していたものの、バスの運行本数が増加するに従って次第に手狭となってきました。しかしながら島々駅前にはバス乗り場を増設するだけの余裕がなかった事から、昭和41(1966)年に用地に余裕があった隣の赤松駅を新島々駅と改称した上でバスターミナルが新設されました。
以後の島々駅は乗換駅としての役割を喪失したため利用客が激減し、昭和58(1983)年に新島々駅~島々駅間が土砂災害によって不通になった際には復旧される事もなく廃止されています。


[松本電鉄上高地線・島々駅跡]の続きを読む
スポンサーサイト
銚子電鉄01
銚子電鉄周辺地図

銚子電鉄の歴史は大正2年(1913)に銚子遊覧鉄道が総武本線・銚子駅から犬吠駅間の5.9kmを開業させた事に始まります。この銚子遊覧鉄道は開業以来赤字続きであった為、4年後の大正6(1917)年には廃止されてしまい廃線跡は当時としては珍しくバス専用道に転用されたそうです。
しかしながら僅か5年後の大正12(1923)年には銚子遊覧鉄道の発起人たちが再び銚子鉄道という鉄道会社を立ち上げ、銚子遊覧鉄道の廃線跡を使用して漁港がある外川まで延伸し鉄道として復活させました。こうして立ち上げから約10年の間に目まぐるしく開業と廃線を経験した銚子の鉄道ですが、その後は銚子電鉄と名称を変更し現在に至るまで営業を続けています。
とは言え、大正時代に一度は廃線を経験した観光鉄道を引き継いでいるだけに営業成績は芳しくなく、近年でも経営危機による存廃問題がたびたび取り沙汰され、平成25(2013)年2月になると「東日本大震災の影響で観光客激減し自主再建を断念」という報道を見掛けた為、廃線になりそうな鉄道という事で同年3月16日に様子を見に行ってきました。
なお、この時の廃線危機は最終的に10年間に渡って公的資金が投入される事が決定し、当面(平成35年まで?)は存続できる見込みとなっています。



[銚子電鉄]の続きを読む
和田岬線01
兵庫駅周辺地図

和田岬線は山陽本線・兵庫駅から分岐して隣の和田岬駅を終点とする全長2.7kmの支線です。
歴史は古く山陽本線が山陽鉄道(私鉄)だった明治21(1888)年にまで遡ります。港湾に面した鉄道だった為、開業から長きに渡って貨物輸送に重点が置かれた路線でしたが、昭和55(1980)年に貨物の取扱は全廃されました。現在では三菱重工を中心とした通勤、通学客の利用に特化したダイヤ設定がされており、日中(概ね9時~17時)には運行される列車が全くなく、日曜日は朝夕に各1往復(計2往復)のみという特異な状態になっています(平日17往復、土曜日12往復)。平成13(2001)年には市営地下鉄地下鉄湾岸線の開通によって乗客数が減少したものの、合理的なダイヤの賜物か現在も黒字経営を維持しているそうです。


[和田岬線]の続きを読む
カシオペア01
【18:11】 八王子駅に停車中のカシオペア

今日は長女の友達から八王子に寝台特急「カシオペア」が来るという情報を得たので見に行ってきました。カシオペアは北海道新幹線開業に伴い定期運行を終了し、現在ではツアー客を対象とした団体専用列車(臨時)として運行されています。
ちなみに今回のカシオペアは「信州カシオペア紀行」と銘打って、9/17~19の行程で上野~長野間を運行しているそうです(旅行代金は30万円~50万円)。


[カシオペア@八王子駅]の続きを読む
こだま01
新横浜駅に入線する「のぞみ」

今日は先月の帰省時に松山に置いてきていた長女が新幹線で帰って来るので新横浜駅まで迎えに行って来ました。
長女は乗り換えが不要の夜行バスを希望していたのですが、安全面が信用できない上に片道だと料金が14,000円(夏休み料金?)と割高なのでハイリスク・ローリターンとして却下。いろいろと検討した結果、学校で学割証明書を発行して貰って「しおかぜ」→「のぞみ」の学割切符を購入する事にしました。この経路だと在来線から新幹線の乗換駅となる岡山駅で一回の乗換が発生するけど、立川から(長女が大好きな)原宿でも一回は乗換なければならないので大丈夫でしょう。
学割だと乗車券が2割引きになって9,530円(通常11,920円)、指定席特急券が8,610円で計18,140円。高速バスと比べても4,000円しか変わりません。学割切符は本人がいなくても保護者が「みどりの窓口」で買う事ができますよ。


[学割切符で松山~新横浜]の続きを読む
チキンラーメン号01
大阪モノレール1000系チキンラーメン号
(柴原駅~蛍池駅間)

今年の帰省時に中国道を関東に向けて走行していると、中国池田IC~中国吹田ICの間にて美味しそうなチキンラーメン柄のモノレールに遭遇しました。これは日清食品の創業者である安藤百福さんがチキンラーメンを開発した当時、大阪府池田市に在住していた縁によるもので、平成23(2011)年3月1日からラッピング列車として運行しているとの事です。


[チキンラーメン号@大阪モノレール]の続きを読む
押角駅01
押角駅前の国道340号線

超閑散路線だった岩泉線の中でもとりわけ秘境度が高かったのが押角駅(茂市起点15.8km)でした。この駅についても詳細は以前の記事で紹介しているので今回は5年前との比較に留めておきます。
駅前の国道340号線は相変わらず狭路のままで、廃線から2年以上も経っていると言うのに「←押角駅」の標識が残ったままになっていました。押角駅の他にも岩泉線の駅を指し示した道路標識は基本的に全て残されている(平成28年6月現在)ので、代替バスを利用する乗客の便宜を図っているのかとも考えましたが、代替バス停が設置されなかった当駅については当てはまりません。


[岩泉線の廃駅巡り【押角駅】]の続きを読む
茂市駅26
岩泉線周辺地図

5年ほど前(平成23年)に当時は災害によって休止中となっていた岩泉線の駅巡りを実施しており、その時の様子は途中(押角トンネル)までは記事として公開しているところです。その後も岩泉町を始めとする地元自治体が岩泉線の復旧を模索していたものの、押角トンネルを国道340号線に転用する事と引き換えに復旧を断念した為、平成26(2014)年4月1日をもって岩泉線は正式に廃線となりました。
前回の記事も完結していない状態ではありますが、廃止から2年が経過した今年(平成28年)の6月25日に岩泉線の各駅の現状を確認して来たので、5年前の写真と比較する形で今回の記事を進めていきたいと思います。


[岩泉線の廃駅巡り【茂市~岩手和井内】]の続きを読む
三枚橋01
相州箱根湯本三枚橋
(戦前絵葉書より)

小田原と箱根湯本を結ぶ鉄道は明治21(1888)年に開業した小田原馬車鉄道に始まります。この馬車鉄道は明治33(1900)年に電化して小田原電気鉄道と改称し、昭和3(1928)年には箱根登山鉄道が設立されました。
箱根登山鉄道の線路は現在では一貫して早川の左岸を通っていますが、開業から約20年間は三枚橋付近で一旦右岸側に渡っていたようです。この右岸ルートは明治43(1910)年8月に発生した大洪水によって早川に架かっていた橋梁(前田橋と落合橋)が流失してしまった為、大正2(1913)年に線路を左岸の国道1号線上に移設して併用軌道として復旧しました。
その後、昭和10(1935)年になると小田原~箱根湯本間に現在の鉄道線が開通し、並行路線となった早川口~箱根湯本間の併用軌道は廃止されています。
よって三枚橋付近の早川左岸に併用軌道が敷かれている上記絵葉書の撮影時期は、大正2年から昭和10年までの22年間に絞られるでしょう。


[小田原電気鉄道の旧線跡]の続きを読む
水浜線跡01
海門橋ノ偉観
(三代目の海門橋)

茨城県の那珂川に架かる海門橋(県道108号・那珂湊大洗線)は明治28(1895)年に開通した木橋を初代とし、その後は流失と再建を繰り返して昭和5(1930)年に永久橋として三代目の開腹アーチ橋が完成しています。この三代目の海門橋は水浜電車(後の茨城交通・水浜線)のレールも敷かれており、水戸市街からの路面電車が那珂湊まで結ばれましたが、橋脚に欠陥があったらしく開通から僅か8年後の昭和13(1938)年に倒壊してしまったという事です(橋脚の残骸の一部は現存している)。
その後は戦時中の資材不足等の事情があって長期に渡って再建に着手する事ができず、昭和34(1959)年になってようやく日本道路公団による有料道路として四代目の海門橋が開通しました。なお、この時点で水浜線は既に斜陽の時代に入っていたため四代目の海門橋にはレールは敷かれず、路面電車が再び那珂湊に乗り入れる事はありませんでした。

【海門橋(三代目)】
昭和5(1930)年竣工、昭和13(1938)年流失
RC上路開腹アーチ橋
延長196.5m、幅員10.9m


[茨城交通・水浜線跡]の続きを読む