FC2ブログ
金ちゃんヌードル01
金ちゃんヌードルのシリーズ

今日、家に帰ると金ちゃんヌードルの製造元である徳島製粉から現金書留が届いていました。この件については思い当たるところは一つしかなく、開封してみると果たして「金ちゃんヌードル1万円プレゼントキャンペーン」に当選していたのでした。この低金利の世に1万円も頂けるとは小市民にとってはありがたい事です。インスタント麺の懸賞に当選するのは去年のイトメン以来だな。


[金ちゃんヌードル]の続きを読む
スポンサーサイト
尾盛駅01
【14:14】 アプトいちしろ駅に入線する井川行き列車

13:55に千頭駅を出発した後、アプトいちしろ駅へは奥泉の交差点から県道388号・接阻峡線に入らなければならないところ、カーナビの設定を誤って県道77号・川根寸又峡線を直進してしまうというアクシデントがあったものの、何とか井川方面の最終列車(14:19発)が発車する5分前にアプトいちしろ駅に到着。
2年前は復旧日を間違えてしまったし、今回は関東に住んでる間に何としても尾盛駅を訪問しておきたいと思って、引越準備で忙しい中ここまで来たのに、「電車に乗り遅れてダメでした。」という結果では悲し過ぎます(笑)。


[大井川鐵道井川線・尾盛駅]の続きを読む
千頭駅01
大井川第四橋梁を渡る貨物列車
(戦前絵葉書より)

この絵葉書のタイトルは「大井川鉄道 千頭田代間鉄橋」。
大井川鐵道で千頭と田代の間に架かっている橋梁は、大井川第四橋梁しかない事から、同橋を撮影したものに間違いないでしょう。大井川第四橋梁は昭和6(1931)年の青部~千頭間が延伸開業した際、第二、第三橋梁と共に架設されました。これらの橋梁群は気軽に列車が撮影できるスポットとして知られています。


[大井川鐵道・千頭駅]の続きを読む
野咲05
ビーフステーキB(2,500円)

去年に続いて今年も長女と松山のレストラン野咲に行ってきました。今回オーダーしたのは去年から気になってたビーフステーキB。
これはこれで悪くなかったけど、ステーキはあまり調理を挟む余地がないので、特別に良かったというものは感じませんでした。ここではやっぱりランチメニューが良いと思います。なお、長女は無難にオムライスを頼んで美味かったとの事でした。


[レストラン野咲②]の続きを読む
三島橋01
三島橋
(戦前絵葉書より)

「(伊予野村町名所)三島橋」というタイトルの絵葉書について現状確認をしてきました。
旧・野村町(現・西予市)の三島橋は旧国道441号に架かる橋で、記録によると絵葉書に写っている木造トラスの三島橋は大正4(1915)年に完成し、昭和11(1936)年に永久橋(RC橋)に架け替えられたと伝わっています。


[旧国道441号線・三島橋]の続きを読む
大介うどん01
大どんぶり(450円)
きつね(90円)+とろろ昆布(70円)+山菜(70円)+鰹節(50円)

3連休は嫁の実家の八幡浜に帰っていたので昼食に大介うどんに行ってきました。最近では全国的に珍しくなくなってきたセルフうどんですが、この店では少なくとも80年代にはセルフうどんを導入していて、愛媛の中では走りと言える存在です。なお、うどんの価格は丼の大小(素うどんの状態で、大=450円、小=350円)だけで決定する仕込みで、丼に入る範囲内なら何玉入れてもOK。
ちなみに90年代末頃は、大が200円強、小が200円弱だったのでした。


[大介うどん@八幡浜店]の続きを読む
伊予吉田駅01
法華津トンネルに差し掛かる特急「宇和海」

予讃線の北宇和島~卯之町間は宇和島線として昭和16(1941)年に開業しました。この間は地形が複雑な上に、二つの峠(知永越、法華津峠)があることから、最大33‰の急勾配と急カーブが連続する輸送上のネックとなっており、車両性能の向上によって一定の高速化が実現したものの、宇和島まで高速道路が開通した近年では鉄道としての優位性を失いつつあります。
四国に帰ってきた最初の連休では、旧・吉田町(現・宇和島市)の中心駅だった伊予吉田駅にアンパンマン列車を見に行ってきました。


[予讃線・伊予吉田駅]の続きを読む
善通寺駅01
善通寺駅跨線橋
(平成20年8月14日撮影)

ここのところ跨線橋ネタが2回続いたので、もう一つ土讃線から善通寺駅の跨線橋を紹介しておきましょう。
善通寺駅は、讃岐鉄道(明治39年国有化)の最初の開業区間だった丸亀~琴平間に設置された駅の一つで、明治22(1889)年に開業しています。この開業区間は四国でも最古の部類に入り、明治21(1888)年に開業した伊予鉄道(松山三津間)に次ぐものです。
なお、跨線橋が完成したのは開業から30年以上経った大正11(1922)年頃と言われており、駅舎とセットで近代土木遺産Cランクに指定されています。


[土讃線・善通寺駅舎、跨線橋]の続きを読む
道の駅・神山01
旬菜定食(790円)

今日はランチを食べに道の駅「温泉の里神山」の中にある旬菜茶屋に行ってきました。
この店のメニューの主体は蕎麦、丼、うどん。あくまでも田舎の道の駅に併設された食堂に過ぎないので、味について過度な期待はありませんでしたが、料理に使用されている地元産の野菜等は生産者を公開しており、責任の所在を明確にしている取り組みについては評価しても良いのではないかと思います。その他、特記事項はありません。


[道の駅「温泉の里神山」]の続きを読む
石井駅跨線橋01
石井駅跨線橋
(近代土木遺産Cランク)

徳島市の西隣に位置する石井町の中心駅である石井駅にも、蔵本駅と同じく近代土木遺産に指定されている跨線橋があります。構造は蔵本駅の跨線橋に似てますが、こちらは大正4(1915)年に汽車製造株式会社が製造したものです。


[徳島線・石井駅跨線橋]の続きを読む