FC2ブログ
県道191号01
県道191号・松山停車場線の起点
(【A地点】から【B地点】を見る)

今回は数ある愛媛県道の中でも、最も影が薄い部類に入るであろう県道191号・松山停車場線についてご紹介しましょう。
県道191号は松山市駅前の交差点を起点とし、100mも進まないうちに千舟町通りを右折して、ジュンク堂書店前の千舟町5丁目交差点で終点となります。なお、路線名は「松山停車場線」となっているものの、正しくは松山駅ではなく松山市駅の停車場線です。もしかすると、松山市駅が松山駅と名乗っていた時期(昭和2年に改称)に県道指定されたものなのかな?


[愛媛県道191号・松山停車場線]の続きを読む
スポンサーサイト
野咲01
スペシャルランチ(690円)

今年の夏に松山に帰った時には、久しぶりに千舟町の野咲でランチを食べてきました。この店は松山では名の知れた洋食屋で、味とコスパと良さが高い評価を受けています。メニューにはランチ、スパゲティ、ライス系などがありますが、やはりランチメニューが人気で一番出てているようです。初訪問の際には取り敢えずスペシャルランチ(チキンカツ、ポークピカタ、エビ・魚のフリッター)がオススメ。


[レストラン野咲]の続きを読む
高知駅01
初代・高知駅舎
(戦前絵葉書より)

高知県の県都・高知市に国鉄駅が開業したのは大正13(1924)年11月、まずは須崎~高知間の終着駅としての開業でした。翌大正14(1925)年12月には東に向けて土佐山田駅まで開業したのを皮切りに、昭和10(1935)年11月に阿讃国境の三縄~豊永間が開業した事によって、ようやく土讃線として一本の路線として繋がる事となりました。
土讃線の全通は古代より遠流の地、陸の孤島などと呼ばれていた高知県の陸上交通を大きく改善させる結果となり、全通記念絵葉書には下記のとおり歓喜の声が記載されています。

土讃線の開通は久しく陸上交通に恵まれなかった高知市を一挙にして文化の潮に乗せ、又浦戸港には新岸壁成って海陸の交通に一新起源を劃した。その結果、今や■然たる発展力は堰を切って躍進しつつある。


[土讃線・高知駅]の続きを読む
岩松橋01
上流側から見た岩松橋
(戦前絵葉書より)

岩松橋は旧・津島町内(現・宇和島市)の岩松川に架かっていた旧国道56号の橋です。竣工年は明治末から昭和初期まで諸説あるものの、大正10(1921)年説が有力とされています。下流側に津島大橋(昭和38年竣工、L=157m)が開通した後も生活道路として利用され続け、近年では岩松の町並みと一体になった風景が一定の評価を得つつあったのですが、深刻な老朽化は如何ともしがたく平成23(2011)年に解体撤去されてしまいました。

【岩松橋】
大正10(1921)年竣工?
平成23(2011)年架替
延長81.9m、幅員5.5m、制限重量5.5t
RC桁橋
近代土木遺産Cランク


[旧国道56号線・岩松橋]の続きを読む
桟橋通五丁目駅01
北側から見た桟橋通五丁目駅
(戦前絵葉書より)

土佐電・桟橋線は明治37(1904)年に鏡川より南側(梅の辻~桟橋間)が開業したのを起源としています。2年後の同39(1907)年には潮江橋の開通によって、現・伊野線との接続と市街中心部への乗り入れが可能になりました。昭和3(1928)年になると、はりまや橋高知駅を結ぶ路線が開業した事から、堀詰に接続していた梅の辻以北の経路をはりまや橋接続に改め、高知市街を南北に縦断する現在の桟橋線の形状が完成しています。
戦前戦後にかけては桟橋から南方に延伸して、佐川との国鉄誘致競争に敗れた高岡(現・土佐市)方面に鉄道を敷設する構想もあったらしいですが、結果的にこの計画が実現する事はありませんでした。


[土佐電気鉄道・桟橋通五丁目駅]の続きを読む
潮江橋05
初代・潮江橋と土佐電の橋梁
(戦前絵葉書より)

高知市内の交通の中心であるはりまや橋から県道34号(桂浜はりまや線)を南下すると、すぐに鏡川に架かる潮江橋(うしおえはし)を渡る事になります。潮江橋が初めて架けられたのは明治36(1903)年、それまでは西隣に位置する天神橋(現・天神大橋)が高知城下と桂浜、浦戸方面を結ぶ主要路でした。3年後の明治39(1903)年には土佐電・桟橋線が開業し、潮江橋の下流側に鉄道専用橋が架設されました。

【初代・潮江橋】
明治36(1903)年竣工
延長132m、幅員4.2m
木鉄混合トラス橋
昭和3(1928)年架替


[高知県道34号線・潮江橋]の続きを読む
葛島橋01
葛島橋と国分川橋梁
(戦前絵葉書より)

高知市西部の国分川に架かる葛島橋(旧国道55号)と国分川橋梁(土佐電)を撮影した絵葉書。葛島橋は大正13(1924)年に、国分川橋梁は明治43(1910)年に開通しています。


[国道195号線・葛島橋]の続きを読む
東中神01
タンメン(700円)

先週は昭島市に出張に行ってたので、昭島駅から西に二駅隣の東中神駅周辺でラーメン屋巡りをしてきました。
まず最初に行ったのはタンメンが有名な「しゃんタンメン」。塩ベースのスープに柔らく煮込まれた白菜がマッチしていて正に絶品でした。メニューは作り手の拘りなのかタンメンと餃子(300円)しかなく、12時45分の時点で餃子は品切れでした。なお、夜間も営業しいるもののスープが無くなり次第終了との事で、夜を待たずに昼間に売り切れてしまう事もあるそうです。


[東中神のラーメン店]の続きを読む
うつぼ01
高知県須崎市の返礼品「うつぼのタタキ」
(寄附金10,000円分)

約8ヶ月ぶりとなる今年3回目のふるさと納税は高知県須崎市に決定。返礼品は「買ってまで食べない物」というコンセプトに従って「海のギャング!うつぼのタタキセット」にしました。これまでは縁もゆかりもない自治体にばかり寄付してたけど、須崎市は国道197号の事実上の起点という事で何度も訪れた事があり、応援したい自治体でもあるのでふるさと納税の趣旨に適っていると言えそうです。


[ふるさと納税⑥]の続きを読む
北条氏照まつり01
北条氏照まつりのポスター

今日は次女がプリキュアの映画を見たいと言うので、長女と次女を映画館が入っているイオン(日の出町)に降ろして、その間の待ち時間を利用して八王子市で開催中の「北条氏照まつり」を見に行ってきました。


[北条氏照まつり]の続きを読む