FC2ブログ
野村の白看01
(旧)金剛橋
(平成13年3月11日撮影)

県道29号・宇和野村線の金剛橋の袂には平成13(2001)年まで白看があったのですが、同橋の架け替え工事(平成15年3月竣工)が始まると、白看は新橋に干渉する位置だったため早々に撤去されてしまいました。ちなみに金剛橋の名前は橋の傍を流れ落ちる瀬田川の金剛滝に由来しています。


[旧愛媛県道29号線の白看(愛媛県西予市)]の続きを読む
スポンサーサイト



鳥越峠01
鳥越峠
(平成16年7月25日撮影)

旧愛媛県道25号・八幡浜宇和線の鳥越峠(八幡浜市~西予市境)は、車両の通行が不可能だった笠置峠に代わって明治30(1897)年頃に開通したものです。以後の鳥越峠は宇和島、宇和と八西地区を結ぶ幹線道として利用され、昭和50(1975)年には八幡浜市双岩~鳥越峠の2車線化が完成しています。この時の改築工事は単に明治道を現道拡幅しただけのものだったため、依然として急坂、急カーブは残っており、鳥越峠の交通不便を完全に解消するには至りませんでした。そこで明治時代には車両を寄せ付けなかった笠置峠の下にトンネルを掘削することが計画され、平成13(2001)年2月21日に県道25号のバイパスとして笠置トンネルが開通することになりました。


[旧愛媛県道25号線の白看(愛媛県西予市) ]の続きを読む
豚太郎87
みそラーメン(600円)+チャーシュー(150円)+大盛(100円)

今日は雨が降っていて屋外での写真撮影ができないことから、かねてから次女が行きたいと言ってた「シルバニアファミリー展」に行くことにしました。私は開催場所の愛媛県歴史博物館という施設は、勝手に松山市内にあるものだと思い込んでいたのですが、何と同博物館があるのは南予の宇和。10時頃に家を出て下道を南下していると、ちょうど宇和辺りで昼飯時になったので国道56号沿いの豚太郎に入店。
豚太郎の良いところはラーメンショップと同じく、各チェーン店の裁量権が大きいため店ごとの個性が出しやすい点だとされています。確かに高知県内の豚太郎はそのとおりで、各店がミソカツメンや各種定食などに腕を振るっているのですが、なぜか愛媛県内の豚太郎は画一的なメニューで足並みを揃えていて、僅かな味の加減、麺の茹で加減でしか個性が出せてない状態が昔から続いています。とは言え、子ども連れでも安心して入店できるサービスの良さと、いずれのチェーン店も安価でありながら一定以上の味をキープしているところは老舗の安定感だと言えるでしょう。


[豚太郎@宇和店とシルバニア展]の続きを読む
新京橋01
新京橋
(戦前絵葉書より)

藩政時代の高知では城下の水運の便を図るため、高知城下の堀詰から鏡川の河口付近(浦戸湾)まで、堀川という運河が掘削されました。堀川に新京橋が架けられたのは明治5(1872)年のことで、南新町の住人だった吉田長太郎氏が官の許可を得て架設した賃取り橋だったそうです(明治28(1895)年に県道(現・国道32号)に移管されて無料化)。
絵葉書に写っている新京橋の竣工年は不明ですが、コンクリートアーチという構造と橋の規模から、明治5年に架けられた橋ではなく大正時代に架け替えられた二代目以後の橋ではないかと想像します。なお、新京橋の背後に写っている世界館という映画館は大正4(1915)年に開業したものなので、撮影時期は同年以後に間違いないでしょう。


[新京橋跡(高知県高知市)]の続きを読む
ジャンクガレッジ21
ジャンクガレッジ監修まぜそば(598円)

今日の午前中は外回りで北条に出掛けていたので、昼食は「かわ咲」で蕎麦を食べる予定にしていましたが、残念ながら定休日(水曜)でした。北条から松山に帰る途中で、それなりに美味い店は駐車場がないカネオカぐらいしか知らないため外食は断念。仕方なくローソンに寄ってみるとジャンクガレッジ監修のレンジ麺を発見したので購入してみると、なかなか再現度が高いジャンキー好みの味わいでした。やはり、スープが必要になるラーメンよりも、タレで済むまぜそばの方が再現しやすいのかもしれません。


[ジャンクガレッジとラブリ]の続きを読む
愛媛県道191号04
千舟町5丁目交差点から見た県道191号
(令和3年4月12日撮影)

数週間前から千舟町5丁目交差点を渡っていると微妙な違和感を感じる日が続いていました。そこで平成19(2007)年に撮っていた写真と現状を比較してみると違和感の正体が判明。同交差点西側(県道191号・松山市停車場線)の車線運用が変更になっていたのでした。ググってみると松山市のサイトに詳細が載っており、それによると従前から夕方に東行き車線が混雑していたこと、将来的には市駅前広場を歩行者専用道に整備する予定のため、令和3年3月22日から同月23日の夜間にかけて下記のとおり変更していたみたいです。


[愛媛県道191号線②]の続きを読む
高知南国道路01
五台山から見た高知南国道路(南国方面)
(令和3年3月30日撮影)

令和3(2021)年2月27日、遂に高知南国道路の高知JCT~高知南IC間が開通。高知南IC~高知空港IC間は既に開通しているので、今回の開通によって高知道と空港が直結しました。物部川を挟んだ未開通区間の高知空港IC~香南のいちIC間(L=3.5km)が開通すれば、高知市と安芸市の入口に当たる芸西西ICまでが無料の高速道路で結ばれるため、県東部へのアクセスが劇的に向上するはずです。
また、高知南国道路は平成21(2009)年3月31日には、国土交通省から「費用対効果が見合わないため、建設を凍結する国道18路線中の一つ」に選定され、無駄な道路の代表格として一躍有名になったこともありました(当時の記事)。


[高知南国道路【高知南~高知】]の続きを読む
繁藤橋01
繁藤橋
(平成19年6月16日撮影)

徳島県三好市から高知県大豊町にかけての国道32号は、吉野川~穴内川沿いの山間部を通っています。国道32号が両河川を渡る橋(豊永大橋、長瀞橋、吉野川橋など)はいずれも昭和30年代に架けられた狭めの鋼橋で、大型車の離合が困難又は不可能であるため、現代における交通の難所になっています。このうち最も南側に位置しているのが昭和34(1959)年に穴内川に架けられた繁藤橋です。

【繁藤橋】
昭和34(1959)年竣工
延長50.9m、幅員6m
鋼トラス橋


[旧国道32号線・繁藤橋跡]の続きを読む
三秋峠01
国道378号 伊予市三秋の旧道
(平成16年2月21日撮影)

先日、八倉のサッポロラーメンに行った帰りに銭尾峠(伊予市三秋)付近の旧国道378号まで足を伸ばして定点撮影を実施しました。銭尾峠の新道は平成15(2003)年に開通しており、この時には既に旧道落ちから数ヶ月が経過した状態です。旧道にあった国道標識は新道が開通した直後は残っていましたが平成16(2004)年中には撤去されています。


[旧国道56号線の白看(愛媛県双海町) ]の続きを読む
はなび01
DX台湾まぜそば(1,200円)+大盛(150円)

大街道に台湾まぜそばの店がオープンしたと聞いてググってみると、本場名古屋の名店「はなび」であると判明。私は6年前に3ヶ月ほど名古屋に滞在したことがあって、この間に「はなび」には行っておきたいと思いながらも、(毎日のように飲み歩いていたため)行くことができないまま東京に戻ることになってしまったのでした。
そんな経緯もあったのでさっそく4/6(火)の昼休みに行ってみると、入店待ちは2名だけで10分ほどの待ち時間で入店できました。基本メニューは台湾まぜそばと台湾鶏白湯の2種。いずれも「普通」と「辛くない」から選択できます。私は辛い麺類がそれほど好きではないけど、台湾系はそもそも辛味があるものだし、辛さを増す有料トッピングが別途用意されていたことから、辛さは通常の範囲内だと判断して普通の方をオーダー。さすがに本場の有名店だけあって美味いタレが麺やトッピングとよく絡んで、その他のような扱いで台湾まぜそばを出しているような店とは一線を画す味だったと思います。


[麺屋はなび@大街道店]の続きを読む
mic18
みしょうMICでの購入品

今日も帰りに酒肴を求めてMICに寄ってみたけど、あいにく魚介類には良いものは残っていません。しかし、多くの惣菜類が半額になっていたので、子どもが食べそうなものや酒が飲めそうなものを適当に購入。これだけ買っても777円と非常に安かった。


[街の駅 みしょう MIC②]の続きを読む
東京油組総本店01
油そば大盛(780円)+スペシャルトッピングB(340円)

今日は松山市駅で定期の更新をしたついでにジュンク堂前の東京油組総本店へ。1/29にオープンした直後には行列ができていたため2回続けて見送った経過がありますが、2ヶ月が過ぎると少し落ち着いてきたのか待ちなしで入れる状態でした。
この店のメニューは普通の油そばと辛味増油そばの2種だけ。並盛、大盛(1.5玉)、W盛(2玉)は、いずれも同じ値段(普通:780円、辛味増:860円)です。私は辛い麺類はそれほど好きではないので普通の大盛に、トッピングは初回ということでチャーシュー2枚、ねぎゴマ、半熟たまごがセットになっているスペシャルトッピングBなるものを選択。出て来た油そばを見た率直な印象は「これで1,120円かよ。」というもの。油そばはスープを作り必要がないため、本場の東京ではラーメンよりも一回りか二回りは安価に設定されていることが一般的です。しかし、愛媛では県民に油そばが浸透していないためか、ラーメンよりもカロリーや塩分が少ないなどとして、ラーメンと同程度の値段で強く推している店が多く見受けられます。しかし、客としては油そばの一番の特徴は原価率が非常に低いことだと理解しておく必要があるでしょう。


[東京油組総本店@松山組]の続きを読む
日の出橋09
旧国道195号
(令和3年3月30日撮影)

今から25年ほど前の平成8(1996)年頃、香美市物部町岡ノ内の国道195号が土砂崩れによって通行止になっていたことがあります。この際には日の出橋を渡った対岸の旧道が迂回路になっていたのですが、この時に初めて通った旧道には白看が一つ立っていたのでした。最近になって旧道をストリートビューで確認してみると、平成26(2014)年の時点では白看はいまだに残っていたことから、撮影のために現地に赴くことにしました。なお、新道にある津々呂第一トンネル(L=137.5)は昭和49(1974)年3月に竣工しているので、遅くとも昭和50年代前半までには新道が開通したものと思われます。


[旧国道195号線の白看(高知県香美市)]の続きを読む
サッポロラーメン01
チャーシューメン(800円)

今日は宇和島~中村方面に出掛けようと思っていたのですが、雨が降りそうな空模様だったため残念ながら中止。春休みということで妻子は実家に帰していたので、昼食には前から気になっていた熊のマークのサッポロラーメン(砥部町八倉)に行ってみることにしました。この店は八倉のバイパスが開通して間もなくオープンしたため、もう30年以上は営業を続けているでしょうか。昔は私が住んでたNTT松前社宅の近くにも同じチェーン店があって子供の頃に何度か行ったものです(現在はリンガーハットになっている模様)。
メニューは昔ながらのラーメン屋らしく「ラーメン+●●●」という定食セットがメイン。せっかくの札幌ラーメンだから味噌バターにしようと思っていたのですが、メニューを何度見てもバターのトッピングが見当たりません。仕方なくチャーシューメンをオーダーして待っていると、他の客が普通にトッピングのバターを頼んでいるではありませんか。味噌バターは次回以降にするとして、チャーシューメンは「昔のラーメンはこんな感じだったなー」と懐かしさに浸れる味わいでした。


[サッポロラーメン@八倉店]の続きを読む
上名トンネル01
大豊町立川上名周辺地図

平成30(2018)年7月の西日本豪雨で高知道の立川橋が崩落した際、現場付近の地図を見ていると笹ヶ峰トンネル(高知道)の約700m南方に実線道路に描かれたトンネル記号を発見。はっきり言ってトンネル周辺の地形の様子から「お宝隧道発見!」などという展開は100%ないと理解できたものの、現地を確認しておかなければ今後も気になり続けるだろうから、高知市に向かう途中に一念発起して立ち寄ってみることにしました。等高線を貫いているのでアンダーパスのようなものではなく、トンネルであることに間違いないとは思います。
なお、ストリートビューで確認できれば手間がかからなかったのですが、残念ながら撮影車は当該トンネルの200m手前までしか実線道に立ち入っていませんでした。


[上名トンネル(高知県大豊町)]の続きを読む