FC2ブログ
朝倉トンネル01
竹林寺から見た今治道路
(奥が小松方面)

今年の夏(平成30年7月24日)に久しぶりに旧・朝倉村内(現・今治市)の県道155号・今治丹原線を通ってみると、しまなみ海道に繋がる今治道路(今治小松自動車道の一部)の未開通区間のうち、今治湯ノ浦IC~今治朝倉IC間の建設工事がだいぶ進んでいる事が確認できました。現時点で今治道路の延伸開通時期は未定ですが、この分だと今治朝倉ICまでは2年後ぐらいには開通するのではないでしょうか。なお、今治湯ノ浦IC~今治朝倉IC間6.2kmのうち、約3.7kmがこの写真の範囲内に収まっています。


[今治道路・朝倉トンネル]の続きを読む
スポンサーサイト
愛媛県道15号01
【A地点】 今治市大西町宮脇の旧国道196号
(平成19年11月19日撮影)

旧・大西町(現・今治市)の街中を通っていた国道196号は、昭和43(1968)年に大西跨線橋の開通によって旧道化しています。この旧道は国道から外れた後も長らく大部分(西側の約2.3km)が県道15号・大西波止浜港線の指定を受けていたものの、平成25(2013)年に県道15号の方にもにバイパスが開通したため、県道としても旧道落ちした旧国道196号区間は大部分が今治市道、一部が県道163号・鈍川伊予大井停車場線になりました。


[旧愛媛県道15号線・大西地区]の続きを読む
海賊うどん01
海賊うどん(700円)+大盛(100円)

予讃線(松山駅~伊予西条駅)の追っかけの際に、昼食に立ち寄ったのは松山市から今治市に入ってすぐの旧菊間町田之尻にある海賊うどんです。この店は少なくとも20年以上前から現在と同じ場所で営業しており、私が少年だった頃から気になってはいたのですが、松山市街から20km程度という微妙な立地から食事を摂る機会に恵まれず、今回は嫁の実家である八幡浜から出発した事によってちょうど昼飯時に通り掛かったのでした。
20年来の念願が叶ってオーダーしたのは屋号と同じ「海賊うどん」。品名からは野趣あふれるものを想像していましたが、実際に出て来たのは上品な船形容器に盛られた豪華な全部乗せ(肉、海老天、とろろ、きつね、玉子焼き、蒲鉾、じゃこ天、ワカメ等)うどんでした。これでも価格は700円と非常にリーズナブルで、かけうどんなら250円から食べられるコスパの良さです。


[海賊うどん]の続きを読む
予讃線01
第二粟井坂トンネル松山側坑口跡

予讃線の光陽台駅~堀江駅間には、掘削中の崩落事故が原因で未完成のまま廃棄に至った粟井坂南口トンネル(第二粟井坂トンネル)が存在しており、4年ほど前に当ブログでも記事にしています。
結果的に現地には粟井坂南口トンネルの遺構は皆無であったので、両坑口の疑定地を紹介するだけで終わってしまいましたが、予讃線工事概要(伊予西条~松山間)に、粟井坂南口トンネルの導坑を写した写真を発見したため、少なくとも松山側坑口については疑定地が正しかった事が証明できました。

第二粟井坂隧道附近線路変更箇所

小屋ノ後方ニ見ユルハ舊線路ニテ左方丘角ノ方形黒点ハ第二粟井坂隧道導坑口ナリ本隧道ハ施工中再度ノ豪雨ニ遭ヒ上部地表ニ大亀裂ヲ生ジ坑内ニモ崩壊ヲ来セリ之ガ為メ松山線ノ全通期ヲ眼前ニ控ヘ海中ニ護岸石垣ヲ築造シ之ニ沿ヒ線路及道路ヲ付換ヘタル所ナリ



[予讃線・松山駅~伊予西条駅間]の続きを読む
あま利01
柳川鍋(980円)

今日は大阪から来た人が「どじょう」を食べたいというので、立川郵便局の傍で「どぜう」の看板を掲げている「あま利」へ。
この店の名物は柳川鍋で、甘辛い割下が卵とどじょうに良く合っていて美味かったです。どじょうという魚には、独特の苦みと骨がましさ(宇和島の方言)があって好みが分かれるけど、柳川鍋なら苦手な人でも食べやすいのではないでしょうか。
ちなみに私が経験したどじょうが食べられる店には、蒲焼の揚中総本店と唐揚げのともんがあります。


[あま利]の続きを読む
下灘駅24
国道378号から見た青石海岸

夏休みに愛媛へ旅行に行った職場の同僚から『下灘駅の近くに「千と千尋の神隠し」に出てくるような海に続くレールがあった』という話を聞きました。私は地元民ながらそのようなレールの存在は知らず、「千と千尋…」も見てないので何とも言えませんでしたが、ググってみると確かに下灘の青石海岸にはレールが敷かれている事が判明。
私は当初このレールを最近に下灘人気に便乗したモニュメントかと思っていたけど、実際のところは小型船舶を引き揚げるための簡易的なスリップだったのではないかと考えるようになりました。

地図

[青石海岸の廃レール]の続きを読む
上灘水産01
醤油ラーメン(500円)+大盛(150円)+全部のせ(200円)

今夏の帰省時に松山と八幡浜を往復していると、国道378号の上灘橋(愛媛県伊予市)の袂に「鱧だしスープ」と銘打ったラーメン屋が開業しているのを発見。最近の魚介系ラーメンブームの中でも鱧出汁は初めて目にしたので、大いに期待を膨らませての訪問です。
この店の基本メニューは醤油と塩の2種で各500円。トッピングはチャーシュー、わかめ、白ネギがあります。両方頼んで少しずつ交換してみると、いずれも鱧の独特な旨味が十分に活きていましたが、塩の方がより鱧の味わいを楽しめるように思いました。まあ、個人の好みにもよるんでしょうけど。


[上灘水産]の続きを読む
八幡浜道路28
市外大洲街道夜昼峠の桜
(戦前絵葉書より)

帰省中に夜昼峠の八幡浜側で撮影されたとみられる戦前絵葉書を入手したため、嫁の実家に泊まった際にさっそく現状確認をしてきました。


[地域高規格道路・八幡浜道路]の続きを読む
アイカツとコードブルー01
アイカツ!スタイル東京駅店のシャッター

8月末から研修で週末だけの帰宅となっている事から、土日ぐらいは家族サービスをしようと思い立ち長女と次女の意向を聴取したところ、長女はフジテレビ本社ビルで開催中のコード・ブルー展(7/21~9/30)、次女は東京キャラクターストリート(東京駅八重洲口)のアイカツ!スタイル東京駅店を希望してきました。
特に次女は開店前のシャッターも見たいと言う注文付きだったため、8時過ぎには立川を出発して東京駅構内で多少迷いつつも何とか開店20分前の9時40分には現地に到着できたのでした。


[アイカツ!とコード・ブルー]の続きを読む
ソラノイロ01
煮干し中華そば(680円)+大盛(120円)

東京駅のアイカツ!スタイルがオープンするまで20分弱の時間があったため、食事を摂ろうと東京駅一番街で物色していたところ、東京ラーメンストリート内の六厘舎とソラノイロでは朝ラーが食べられるという看板を発見。
ただし、六厘舎は9:30が朝ラーのラストオーダーで既に終了していたため、この時点では10:00まで朝ラーをやってるソラノイロしかありません。また、ソラノイロでも朝ラーのメニューは煮干し中華そばと朝ベジソバ(私はこの手の野菜系ラーメンは苦手)しかなく、選択の余地がない状況でした。幸い、実質的に一択のメニューだった煮干し中華そばは、上品な味付け(最近流行りの濃厚ではなく薄目の味付)ではあるものの、しっかりと煮干しの風味が活きていて美味かったと思います。680円という価格も立地を考えると非常にリーズナブルです。
写真ではガーリックチップが載っていますが、これはテーブル備え付けのものなので、嫌いな人は入れなくてもOK。


[ソラノイロと白えび亭]の続きを読む